javascript

貴方の自律神経失調症の禍は首から起きたかも

貴方の自律神経失調症の禍は首から起きたかも


自律し.jpg首や頸椎症で体中に次第にいろいろな不調のドラフルを起き始め、よくある症状では前に述べたように頭痛 めまい、目、のど,鼻、胸苦しい、胃がおかしい、腰が痛い膝が痛い。。。

このときになると患者は勿論、まさかこの一連の症状を引き起こす禍は自分の首だと誰でも思わないのは普通です。

体中にいろいろな辛い症状があるから病院を頻繁に通うようにになります。

医者も自分の専門しか関心をもっていないよう、首から起きた可能性があるかどうかはほぼ考えてもらえないのが現状です。

それで確かの体の問題を見つけないうちにほぼ自律神経失調症と言う病名で片づけられました。

この間、治療院でこのような話を患者さんにしゃべっている時、その場にいる首問題に係わった患者の何人がいましたが「そう、そう、そうです、わたしもこの病名をもらった」と一斉の声を聞こえた。

頚椎(首の骨)の周辺には多くの自律神経が分布していています、頚椎症や首こりになると首周辺の交感神経を刺激され、自律神経ような症状が出る人が多い。

そうだと言っても
何方でも病気や体調不良の時は、とりあえず「自律神経失調症」という言い方で片付けて、安心で自律神経失調症の治療だけでは治るわけではない。


この自律神経失調の症状は首の繋がりがわからなかったら病気の禍が依然として存在したままわけです。

例えといいますと

むかっ(怒り)乱れている糸を目の前にしったら、ただ「この糸が乱れた」というような警告されてもしょうがないですが

乱れた糸の端さえを見つければ糸筋を正しく整理することができるようになるでしょう。

医療者はもし自律神経失調症になる原因をはっきりして貰えば、迷っている患者に助けられるでしょう。

たとえ首から起きた自律神経失調症とした場合では

自律神経失調を治療するそのものの薬よりも、禍になる患者さんの首を治すことは根本の治療だと思います。

鍼灸治療では頚椎を治療しているうちに長い間に困っている自律神経失調症のいろの症状は見る見るうちに消してしまうことがよくありました。

実は私の鍼灸治療で毎日にこのような感動が見えています。

ここまでしゃべると
もしあなたも肩こり首痛みの症状がありながら、病院で自律神経失調症の病名を貰った場合では

まず自分で冷静に考えていただきましょう。

▲このページのトップに戻る