javascript

頸椎症は咽喉頭異常感をする人が多い

04pt_intouki3037 咽喉痛、(のどガ痛い)、「のどに何かひっかかる感じがするのどの違和感」、「のどに何かできている感じがする」、「のどがイガイガ、ザラザラする」といった感じを咽喉頭異常感といいます。

 咽喉頭異常感の原因は、のどの炎症(咽喉頭炎)、食道や下咽頭の悪性腫瘍、甲状腺の病気および脳や脳神経の病気などから起こる可能性があります、十分な検査が必要です。

 検査を十分にしてもはっきりした原因となる病気が見つからない場合に、“咽喉頭異常感症”という病名がつけられます。

bell90%以上の頸椎症患者は咽頭異常感がする。

治療院では頚椎症の患者は自分がこの頚椎と咽喉頭の繋がりが当然にわからないのですがよく風邪を引いたとかのどが弱いとか思い込んで、よく訪ねてきます。

この時に治療では治療者の経験不足で風邪や咽喉頭炎ばかりを狙うなら治療不完全で再発しやすいなかなか改善が遅いに違いない。

annoy臨床研究で咽頭炎喉頭部炎症は頚椎症になる要素の一つだと実証された。

よく風邪などに引く人
特に職業の関係で、たとえ俳優、中小学校の教師、化学用品に接触美容師、あるいは大気汚染している環境で長期間で働くのは、声帯、咽頭、喉頭が長い間で疲労していた状態で頸椎症に多発する職業です

他には、あまり酒を好む人

咽喉頭炎から頚椎症になりやすいの代わりに頚椎症患者に対する問診ではほぼ咽喉頭異常感がする。

頸部には脳への血管、神経以外に咽頭喉頭、食道、気管の等が通ります。
頚椎と咽喉頭の間にリンパ循環で繋がっている。何か咽喉頭は細菌やウイルス感染される時、頚椎の関節や筋肉などの組織にも巻き込まれて痙攣、短縮、変性、筋の張力低下して、頚椎局部の安定性を敗れたので平衡失調で頚椎症を発生するようになったという理屈です。

▲このページのトップに戻る