javascript

頚椎症の症状は緑内障、目の病気に誤診しやすい

頸椎症は緑内障、目の病気に誤診しやすい

Jingzui_bing302jpg

治療院でサラリーマンたちが目の苦情で治療に来る人が多い。

いつも目の症状があると、普通は目の使い過ぎの原因だと思い、あるいはひどくなると病院に行ってただ眼科に検査してもらうようなことが多い。

頸椎(首)のトラブルで周辺の自律神経が刺激される原因で、目の病気のような症状はよく出ます。

疲れ眼になりやすく、眼の奥や周りに痛みが強く、眼がぼんやり、眼のショボショボ感などがある。また視野が狭くなる、角膜の知覚力障碍などの症状。。。

長い間に首や肩が痛い患者がこの症状があれば眼科を検査してもらった上に、頸椎のことを調べたほうに勧めます。!

頚椎(首)を治ればほとんど目の症状がなくなってしまう。

▲このページのトップに戻る