javascript

頚椎症は狭心症、肋骨膜炎に誤診しやすい


Photo頸椎症の病状はとても多様で複雑です。

この原因なのか頚椎症から誘発された症状を他の病気に誤診されることがとても多い。治療も他の疾病として治療されることが多いので、臨床上ではなかなかいい治療結果を出ないことが多い。

typhoon狭心症あるいは肋骨膜炎

sun一人子の娘はいます。いまは名古屋大学医学部で在校中の医者の卵です

ある日に電話がきた。

「胃がいつもおかしい、最近では胸が苦しくて不整脈がよくでました」という話。半年に一回しかあまり戻らないだし、大事な娘だし、早々医大に検査に行かせた結果はすべて異状ないという報告でした

さっそく小田原に帰させ、そして話を聞いてから判明しました。何年前に自電車に乗る時、車にひどい転ばされ、あれから頭痛や肩こりなどの症状が常に伴いました。

よかった!自家産の医療技術だから、すぐ問題がある頸椎を見つけ、中国針治療をしました。それで当日の夜に

胸の苦しさがすでに改善、自分が肺癌までも心配でした。次の日に癌の検査に行こうと思ったことがやめました。


impact頸椎の原因で患者は最初に片側、次第に両側の乳房、あるいは大胸筋にずきんずきんする痛みからチクチク刺すような痛みまでが感じし始め、しかも頭部を回す時に最も痛みが明らかに感じすることが特徴、時には痛くて我慢できないこともあります。

原因としてこれは首の硬くになった筋肉や靭帯が第6、7の頸椎の神経根を圧迫しましたので致すものです。

しかし臨床上では。頸椎症ことを考えずにこの一連の頸椎症の症状を狭心症あるいは肋骨膜炎に誤診されることがよくありました。

▲このページのトップに戻る