javascript

慢性疲労症候群が緩和され、体のこり、めまいが大改善!

慢性疲労症候群というものをご存じでしょうか。心身共に激しい疲労感が生じ、健康な人であればなの苦もないことでも少し行っただけでもすごく疲れてしまうのです。  常に強い疲労感と微熱、関節痛やのどの痛みなどの症状があるのですが、まだまだ認知されておらず、理解してもらえるまで親しい人にも「だらしない」「甘えているのでは」といわれたことがありました。  慢性疲労症候群だとわかってから30年たちしましたが整体に通ったり、漢方を使った療法などを試してもなかなか状態は変わりませんでした。
劉先生鍼灸院へは去年からお世話になっています。先生はこの症状は首からきているとおっしゃっていました。治療を始めるとその効果にびっくりしました。ひどい時は本当に箸を持つのも疲れるというのに先生の治療が終わると帰りに、近くの駅ビルで買い物したいという意欲がわき、実際に付き添ってくれた娘と少し買い物すことができました。

治療直後だけではありません。先生に勧められた自宅でのケアも熱心に行いました。私は熱塩袋の代わりに市販の電子レンジで温めるタイプの柔らかい湯たんぽを使って首、そしてお腹を温めるようにしていました。ポカポカと暖かく、体がとても楽になります。また、疲れた時は先生に教えてもらった「後渓」というツボを刺激するようにしました。

▲このページのトップに戻る