javascript

うつ病・首・うつ病の症状・うつを改善する方法など

 

うつ病写真.jpg日本ではうつ症の患者さんは非常に多いと思います。 

首に問題が出ると中枢神経や植物神経に影響するようになるのでそれで一連の精神症状を引き起こすことになってしまいます。 

うつ病もそれらのなかによく出る症状の一つです。

うつ病患者さんの中では薬よりもっといい治療法、もっと根本的の治療方を望み、あるかないかとそれを探しているひとがいると思います。

なぜならこのまま治療をしていくと生涯でうつ薬ばかりを頼んでいかないとどうしょうもないのは気がついた。

 実はほとんどの憂鬱の患者は首・頚椎の問題があります。

 今までなんだかの原因で首筋肉の損傷や頸椎骨のずれなどを起こさせ、頭に行く血管を圧迫されたので脳の機能や自律神経の失調を起こすことになりました。

そこで

*気分が落ち込み 、悲しい気持ちがする、涙が出やすくなる

*今まで楽しめていた事を楽しむことができない

*日常生活における活動量の著明な低下

*イライラが強く、落ち着かない、周囲に当り散らしてしまう

*食欲の変化(食欲不振または過食)

* 睡眠の変化(不眠または睡眠)

* 疲労が強い

*自信がなくなり、自分を責めるようになる、罪の意識を感じる

*思考力、集中力の低下

*身体症状(頭痛、腹痛、便秘、下痢など)

*性欲の変化

*自殺願望が生じる·    

ひらめきここで伝統のうつ病の治療方を反対するわけではないが根元から徹底的に治療方法を追求すべきだと思います。頸椎の治療をしないと根本な問題を解決しなかったのでたくさんの薬を飲んでもただ症状を緩和する程度の恐れがあります。

 そう言ってもうつ病は単純の原因で引き起こす病気ではないので心理状態や生活環境や生まれた性格などに関係をするので頸椎の問題を解決しながら全体的に改善した方法を考えたほうがいいと思います。 

▲このページのトップに戻る