javascript

日本で初めて本格的なチベット蝋泥灸療法を導入!

    蝋泥灸療法は最も大きな効果効能がみられる温熱療法です
泥料.png

 チベットの循環の良くする薬用植物をいれた医療用バラフイン

老廃物の排泄、新陳代謝の促進により体内環境を活性化するチベットの泥

旨く蝋と泥の特性を利用して最大な温熱効果と最高の治療気分の理療方法です。



蝋泥パック温熱作用の特徴

蝋泥は体に温熱作用は一般の温熱療法より(赤外線、ホットパック、お灸など)

ずっと深く(0.2-1cm)浸透ができ、深部から温めることができる

 

治療後に局部の皮膚はピンク色になる、温度は8-18℃を昇る。

蝋泥灸は温熱が40分間-1時間にも達する、熱の持続時間が長い

特別の漢方草をいれ局部の皮膚は高い温度(55-65℃)を受けられる。

 

治療中の気分は一つの贅沢!ポカポカして居心地の満点を実感する。

治療後でも3時間ぐらい体の芯までにポカポカ!

温熱を持続することによってさらに効果がアップ!

蝋泥灸温パックの作用:

◎体温と痛み

首肩痛み、頚椎症、五十肩、腰痛、股関節痛、膝関節痛、リウマチなどの疼痛疾患に対して蝋泥は鎮痛、痙攣を緩和する効果は

古来より知られています。

ウイルスや病気に負けない!

温を一度を上げれば、
免疫力は56倍をアップする。

最近の研究で分かったものでよく知られています。

ほぼの病気に改善効果がある

???.jpg

温熱の蝋泥灸療法の治療過程

患者の症状にあわせて違い部位での蝋泥灸をパックすることができます。

施術方法:

@まず熱を加え、蝋泥をどろどろまでに溶かす。

A施術する部位で蝋泥を板で熱に少しずつ馴染ませるように塗布。

B塗布したままで30分間を置く

塗布している間には患者は局部で最初にちょっと熱い感じがするが

しだいに温かい気の流れを全身に包むように持続して、特に病所までに深く深くへ浸透していく感じがする最高の気分になってしまう。

C30分後 全身は温かくなって局部や全身は汗が出る。温泉から出たばかりの気分です。

痛みの病気はほぼの患者は初回の蝋泥灸の治療にしても症状を改善ができる。

施術後に一杯,二杯の水を飲んで、しばらく風邪を引かないように汗を引くまで治療院から出ます。

蝋泥灸温パックの施術料金

蝋泥灸療法: 1回     :2500

10回コース:一回1980

@ 特種鍼+蝋泥灸(毎週一回に鍼と併用して、利用無料)

 

A 普通の鍼+蝋泥灸 (患者の要求によって利用可)

1000円を追加

▲このページのトップに戻る