javascript

特種中国鍼法

まで困った慢性的、頑固な頚·肩·腰·膝痛病に優れた効果があります!

2.jpg 

  長い伝統的医学歴史を持っている広い中国では痛みの治療(疼痛医学)が、ずいぶん進んでいます。

 特種中国鍼法近年来、最新の治療理念、最先端の鍼法として中国の「疼痛医学」の領域で広く利用されるようになりました。

 中国では特種中国鍼法は臨床に応用されて以来高い技法で今まで医学では、治すことの出来なかった頑固、慢性的な頚椎症、ヘルニヤなどの痛み疾患に対して施術することができるようになり、今までになかった優れた治療効果が中国で認められ、知られています。

 しかしこの特種中国鍼法は一般的イメージする鍼と違って施術者に高い施術技術が求められます。さらに漢方医学と西洋医学の両方の深い知識がなければ身につけにくい、医療者と言ってもかならずしも施術できると言えないことが疼痛医療界では認識されています。

 西洋医学の出身ながら長年で漢方医学も仕事をしている劉先生は頚椎(首)の鍼治療一筋に心血を注ぎ、中国の先進的な首・頚椎症に効く鍼治療の技術を日本に持ってくるため、一年に二回中国へ戻り、特種中国鍼を使っている名医の元への旅することにしています。

 劉先生は両方の医学の統合医療者としてこの高い鍼の技術を身につけ、特種中国鍼法を頚椎問題の治療に応用されました。

  日本の首・頚椎症などの問題に悩まれている、長い間に治療が困難な窮地に陥られた患者で、首からの苦痛から解放された方が全国ですでにたくさんいます。

(説明:当院は鍼灸院なので整形外科のような医師医療行為ではないのでいずれは鍼の施術なので誤解しないように気を付けてください。)


くわしいことは首コリ頭痛治療専門の中国特種鍼の施術をご覧になってください。


特種中国鍼法の治療原理

a.jpg

 @AとBの正常筋肉の運動 AA,B両筋肉の間に癒着 B中国特種鍼で癒着の筋膜痕を刺激

 


簡単に言えば中国特種鍼を病気になった(筋肉や靭帯や筋膜など軟部組織との間、あるいは骨間との癒着したところです癒着の塊や痕を刺激することによって、短縮した筋肉を緩めさせたりすることによって神経と血管を圧迫から解放させます。

 


 

 

@A.B.C正常筋肉の運動        A中国特種鍼で癒着痕を剥離

22.jpg

以上は施術するイメージの図です。人体とそっくりするものではない。

 

頭痛めまいの症状に対する劉先生の主な治療法案

頚原性頭痛めまいの症状に対する劉先生の治療法案の一


三角枕下.png枕外隆突.bmp頭下三角.jpg

後頭部に大きな骨突起を触られる、これを外後頭隆起と言います。

ここの隆起の下から引いた線を上項線と言いますが、この上項線の下に2cmぐらいのところから引いた線を下項線と言います。(上の図の如く)

 外後頭隆起の下の両側の深い筋層には3つの筋肉(大後頭直筋上頭斜筋下等斜筋)に囲まれた三角があります。これを後頭下三角と言います。この三角の中には大後頭神経や椎骨動脈が通ります。(上の図の如く)

この後頭下三角に囲まれる3つの筋肉が、損傷などの原因で「筋短縮」すると…頭を前屈させる→後頭下三角の隙間が狭くなる

椎骨動脈が圧迫される→血行障害→めまい

 大後頭神経が圧迫される→筋肉か緊張→頭痛

後頭下三角を構成する

 下項線には上頭斜筋がここに付着する。

  第1頚椎横突起(C1横突起)には上頭斜筋下頭斜筋がここに付着する。

 第2頚椎棘突起(C2棘突起)には大後頭直筋下頭斜筋がここに付着する。

 実は、筋肉の付着する骨の部分は筋肉損傷しやすい場所なので、ここの癒着した固い筋肉の塊を解せば、過緊張の筋肉が弛み、三角を通る神経と血管を圧迫から解放できます。

治療場所:

私は治療部位を次のような両点と1つの線で簡単に総括しました。すなわち

ひとつの線として下項線

点の一として第一頚椎横突起

点の二として第二頚椎棘突起

?椎?治?2.png $_ML@UW7B42$2@WGERZTPNF.jpg

 

以上は解りやすくため施術するイメージの図です、人体とそっくりするものではない。

 

特種鍼法で頭痛めまいを治療するのメカリズム(図)

ある患者は
後頭部から首筋にかけて、ジワーっと両側が痛む
頭を鉄の輪でギリギリとしめつけられるような痛み、頭の上に重石が載ったような頭重感
首や肩のこりをともなう
いつとはなしに痛みが始まり、ダラダラと続く
首を回すと、フワッと一瞬めまいがすることがある
と教えてもらった

(図1)

?椎1.png

(図1右斜め上 環椎後頭骨間(第一頚椎と後頭骨の間のすき間)は観察されず、屈曲(前屈)にても後頭環椎間には動かすことはできなかった。まるで筋肉、筋膜などの癒着(軟部組織)で環椎と後頭骨の間隙が狭くになったではないかのように思われた。

(図2)

?椎2.png

(図2)右斜め上中国特種鍼法で矢印を指定した場所、癒着した筋肉や筋膜を刺激、施術をを行いました

(図3)

?刀 ?椎3.png

 

(図3)右斜め上後頭部-環椎(第一頚椎)-軸椎(第二頚椎)間の可動性(動かすことの可能なこと)を改善させると共に頭痛めまいなどの症状がなくなりました。

以上の図はイメージ写真です。 

むかっ(怒り)治療のメカリズムは

 環椎後頭骨関節の周囲は、解剖学的に頭痛に関与する神経は通行している、椎骨動脈もここにS字状に蛇行して頭蓋内に入り脳底動脈を形成する。

 治療は環椎後頭骨関節の解剖学的に可動性の改善を計り、すなわち上位の頸椎と後頭部の間にある筋肉や腱膜を緩むことによってここに通る神経や血管を圧迫から解放させた。

 環椎後頭骨関節動かす機能が回復した同時に頭痛めまいなどannoyの症状をの軽減された。


 

特種中国鍼法の適応症

長い間に首の症状で困ってい方、すべての鍼灸に適応する症状、(首の痛み、肩こり、頭痛、めまい、不眠、動悸、鬱、目の疲れ、胃の症状、腰痛。。。。。などを含む)

 

特種中国鍼による頚椎症を治療する前後の写真

?椎4.png

 

 首の問題で頭痛、めまい.疲労などの症状がひどく続いた患者は30年にも寝たきり、動けなかった彼女は中国特種鍼を施術をして、毎日に30分ほど外で散歩ができるようになりました。2010年の「健康」主婦の友 首大特集で取材を受けました。

 

▲このページのトップに戻る