javascript

鍼が痛いですか

 

 

鍼が痛いですか

中国特種鍼の太さが一般的に使っている鍼とあまり変わらないです。

鍼管で鍼を使いますので肌を通るとき、痛みをあまり感じしないですが、病症の筋肉癒着のところに届くと重苦しい感じする程度で、全員の患者さん、針を初めに経験するかたも持続して受けられます。

 

 

中国特種鍼を受け、12回を通えばどのような効果でしょうか

中国特種鍼を受け、12回を通えばどのような効果でしょうか

症状が重い方、遠くに住んでいる方は中国特種鍼をお勧めます。

今までの治療経験から見て、週一回、12回のベースで鍼の治療を通えばだいたいの患者さんは(重く症状を持っている患者さんを入れて)重い症状、たとえひどい頭痛・めまい、夜寝られない、パニック症状、憂うつ、。。・。。を抑え、改善するようになります。

その後、症状がなくなって治療を完了させる患者さんが多いですがその中、もし多少症状が残っている患者がいれば、間隔を置いて通ってもらうか、劉先生のブログを見ながら自分で出来る治療法を利用して努力するか患者の都合で決められます。

鍼の消毒、安全性はいかがですか

鍼の消毒、安全性はいかがですか

毎回に使った鍼は新しいものなのでご安心してください。ご心配なら遠慮なく声をかけてもらえば滅菌した袋から取り出す鍼管付の鍼を見せるのは義務です。

治ったらどういうことを気をつけないとだめですか

 

治ったらどういうことを気をつけないとだめですか

今治ったといでも気を付けないと再発の可能性がありますので。首の予防やケアを常に生活と仕事中に気を付けましょう。

1、首を疲れさせないこと、同じ姿勢なら30分間ごとに劉先生のブログに教えった通り首のストレッチをしましょう。

2、まくらは無視をしていけない、これでやられた患者さんがすくなくない。とくに横になって寝る場合では肩をつぶれない高さに調節しましょう。

特種中国鍼法という療法は日本ではまだありますか

特種中国鍼法は日本では唯一の特種鍼治療法です。

特種中国鍼法は西洋医学と中医医学の統合する、一般的のイメージする鍼と違って新し治療理念、最新の鍼法です。治療者として両方の医学の知識と臨床経験がなければ身につけにくい高いレベルの技術と言われています。。

中国では近年来、疼痛医学では(痛みの治療)特種鍼法は優れた成績で良く知られています。大学病院で優秀な先生こそこの技術を利用するようになるため。痛みの患者はその盛名を慕う大勢に訪ねてきます。

劉先生鍼灸院の院長は中国の西洋の医科大学出身の西洋医者ですが長年で中医医学を勉強しながらも仕事して来たのでより早くこの先端の治療法を身につけ、日本での痛み治療に利用するようになりました。

正直な話ですが広く中国では疼痛医学は日本よりずっと進んでいることは事実ですがそのため、劉先生は一年に2回で中国に戻り、中華頚椎症治療名医を訪ねる旅にすることにしました。

現在、劉先生鍼灸院ではこの特種中国鍼法を頚椎症などの痛み病気の治療に利用しています。たくさんの苦しい患者さんは痛みから解放され、その治療法を受けた患者の全員はこの特種鍼法の技術の高い治療効果を認めてもらいました。

どこにいっでも治らなかった首症状も治りますか

特種中国鍼法は一般的のイメージする日本では広く使っている鍼法と違って中国医科大学でも高いレベルの最先端の鍼法です、より効果が高い治療法として良く知られています。
ここで謙譲ではない話ですが
手術しないと治らないと言われでも有名な先生の鍼を受けたがなかなか治らなかった症状でもいろな治療を受け、治らなかった患者でも希望を持ってとりあえず劉先生の治療に一回で受けていただきましょう。

このような患者は大勢にいます、「もっと早く来れば良かったとか」とか、これは治療に受けた苦しい症状から解放された患者さんのほとんどの声です。

治療期間はどのぐらいかかりますか

治療期間は頚椎症の病歴の長さや年齢や治療中で仕事の環境やストレスなどの生活環境によって患者ごとに差が大きい。

特種中国鍼法の治療を受けた患者は若い人や頚椎症で重くない場合ではほとんど12回治療コースで完了しましたが

とりあえず一般的に12回の治療を通して、たいだいひどい症状を抑えられ、いろな頚椎からの合併症を改善ができると言えます。それでより治療効果が出すため、まず12回の治療コースを受けていただくように勧めます。

重い頚椎症の患者の場合ではその後、近いところの患者は特種の鍼法を2コースを受けるか普通の鍼で残った症状を完全に治療する場合でもあります。
遠く通っている患者はもっと病状が安定させるため、徹底的に治療するため、自分で劉先生頚椎ブログを見ながらケアしましょう。

 

遠い患者は劉先生鍼灸院を通うことが出来ますか

日本では普通の一般的という鍼は早く効果を出すために少なくでも一週間に2回を、しかも患者さんの病状で数十回を通う必要があるのは普通ですが
劉先生鍼灸院に通いやすい理由は
diamondまず頻繁に通う必要がない
うちの治療院での特種中国鍼法の治療では治療後に患者の体に自身調節期間が必要なので一週間や10日に置いて再診するなので遠くでも通いやすい治療間隔です。
diamond長く治療期間がいらない
治療効果は普通の鍼より10倍、20倍以上に高いと言われる特種中国針法なのでだいたい12回ぐらいの治療ではほぼの患者さんはひどい症状でも抑えられる、すなわち望みを持って短期間で改善する可能ですので。これも遠くから治療に来る患者さんに困らない治療回数です。

頚椎症ですが治療期間どのぐらいかかりますか

治療期間は頚椎症の病歴の長さや年齢や治療中で仕事の環境やストレスなどの生活環境によって患者ごとに差が大きい。

特種中国鍼法の治療を受けた患者は若い人や頚椎症で重くない場合ではほとんど12回治療コースで完了しましたが

まず一般的に12回の治療を通して、たいだいひどい症状を抑えられ、いろな頚椎からの合併症を改善ができると言えます。それでより治療効果が出すため、まず10回の治療コースを受けていただくように勧めます。

重い頚椎症の患者の場合ではその後、近いところの患者は特種の鍼法を2コースを受けるか普通の鍼で残った症状を完全に治療する場合でもあります。
遠く通っている患者はもっと病状が安定させるため、徹底的に治療するため、自分で劉先生頚椎ブログを見ながらケアしましょう。

 

ちょっと遠いですが劉先生の治療を受けられますか

劉先生鍼灸院は近くて横浜や東京、遠くて名古屋、大阪、遠くて四国、北海道、九州の全国から来る患者さんが見えますがほとんど地方でいろな治療を受けましたが治らなかった重症の首問題の患者です。

ただ軽い肩こり、頸椎からの他の合併症状を伴わなかった場合では通いやすいため近い鍼灸治療院での治療を御勧めますが

もし頑固な長い病歴を持つ頸椎症患者、他の治療で効かなかった患者に対して自信も持って責任を持って遠くでも治療に来る価値がある。これはすでに遠くから治療に受けました患者さんの声です。

あまり遠くて週一回に通えにくい北海道などの患者さんは一度に来診すると近くホテルなどに泊まり二回の治療を受け、帰ることが多い。

治療の金額はいくら用意した方いいですか

普通の総合鍼治療なら一回で5000円ですが(毎回に新しい鍼を望む場合では200円追加)
最初に症状を抑えるまでは一周間に二回を通うと早めに効果が出ます。一般的と言うと病状を安定させるまで三か月ぐらいかかります。

特種中国鍼の場合では周一回で十二回を通う必要がありますので12万がかかります。(一般的いうと十二回を通えばほぼの患者さんが辛い症状を抑えられる)

とにかく一般の鍼と特種鍼は総合的に言うと金額に大きいに変わらないですが特種鍼の場合では普通の鍼より10倍以上の効果が出るはずと言われますので。重い頚椎症、遠くから通う患者さんの場合は
特種中国鍼の方に勧めます。 
▲このページのトップに戻る