javascript

頚椎・首は健康の禍、健康の要!!

頚椎は健康の禍、健康の要!!!

Photo

頸椎疾患が人々の健康に襲われている。。。。世界共通!人種無差別! 
若い年代から一般の人々から、 
現場で働く人、机に向かって仕事しているひと 
,医療者としての私でも一人子の娘でも 
毎日治療室の患者さんの半分以上も。。。

貴方の大事な頚椎は問題がないですか

あなたは長い年で首が痛いひどい肩こりなど症状がありながら 
血圧下がる薬を飲んでも下がらない高血圧がある、  
心臓の検査の異常がないが不整脈がよくある、 
頭痛、めまい、視力の傷害、咽頭の異常感、乳房と大胸筋の痛み、呼吸不調、胃腸がよくない、 
体の片側ばかりから最近両側の体にも辛さが出ました。 
腕のしびれ、治りにくい腱鞘炎、背中、腰が重い、下肢のしびれ股関節が痛い、膝が痛い、かかとが痛い
。。。 とにかく疲れやすい、体中にあちらこちらがトラブルを起き、病院で自律神経失調症の病名をもらった。 以上のどちの症状があれば

ここで毎日夢中に頚椎障害を治療している医療者として頚椎症を研究し続ける専門家とするをわたしはあなたも頚椎傷害に取り込まれるかもしれませんと注意!一緒に頚椎傷害の仲間にしましょう!

ここで頚椎、首を救うため、頚椎(首)の知識、予防、治療などの話題にここで広く進めましょう!

中国医者出身の私、長く鍼灸で疼痛治療者としてこの話題に何か役立つことができれば光栄と思います。

何か質問や悩むがあれば変な日本語で答えるかもしれませんが全力でわかりやすくように説明させていただきます。 

とりあえずここで認識してもらうのは「頚椎は万病のもとー健康の禍です、体をむやみにいじるー健康の要」です。


娘の結婚式(2013.10.13)

-0450.jpgDSC_1072.JPG

DSC_1077.JPGDSC_1290.JPG

 

詳しいことはLiya Liuご覧になってください

劉先生の生活、趣味

 

 蛇と写真を取るのは縁起がいいと言われた、蛇がじっとしない、動くからだんだん重く感じしました。「速く撮って!耐えらなくまりましたよ」

psb.jpg

凄い!!中国民間吸玉治療絶技(写真)

「吸玉療法」は中国の伝統の治療法として一般の人によく知られていますが

とくに田舎の年寄りによく利用されています。

その操作が簡単で、便利さのため、昔から民衆家庭は日常で応急手当てや痛みの治療として離れることが出来ないも手段になっています。 

   凄い!!中国民間吸玉治療
 ある日、中国のネットでぶらぶらしているとき、田舎の風景のこの写真を見ました。田舎おじいさんはに見回りのものを何でも利用され、おばあさんに吸玉しています、この写真の場面を見て本当に呆然しました!

1.jpg拔火罐4.jpg拔罐.jpg

 拔罐2.jpg拔罐6.jpg

健康のため、猫ちゃんの寝る姿勢を変えてみましょう!


    Pic (1)
 Pic
 

猫チャンはいろな寝る姿勢がありますが英国の猫の専門家の観察ではより多い猫チャンの寝る姿勢は体を右の側臥で寝る時間が多いと見つけて発表されました

猫は右側臥では後ろ肢の右肢が少しに前のほうに曲がり(屈曲)

           右前肢が自然に曲がって(屈曲)体の右側、頭の近くに置く

           後ろの左肢は自然に下の方に少し伸ばす状態

猫ちゃんの寝る姿勢は中国中医では言われる人の標準寝る姿勢非常に近い、

中国の中医では良い睡眠姿勢は「如弓」(側臥で弓みたい姿勢)と強調されています。

その標準の寝る姿勢として

 体を右の側臥 右下肢を屈曲(曲がる)、

           左下肢を伸ばす

           右上肢のひじを屈曲(まがる)、手のひらは頭の下を支えさせ、

           左下肢を伸ばす

           左上肢を伸ばしている状態で、左下肢の大腿に置かせます。

  中医学ではこの寝る姿勢は心の気を損なわにくいところから、標準の寝る姿勢と言われます。

猫ちゃんのように曲がって横になると、脳は興奮状態から速やかに抑制状態になり、まもなく夢に入ってしまいます。。。。。。

心臓病と脳梗塞患者様に適応する寝る姿勢

 

annoy心臓病の患者は右の側臥の寝る姿勢を取ったほうがいいと言われます

そしてベッドを10〜15度ぐらいを高くさせる、すなわち上半身を高く、下半身を低くさせるようにします。

この時、より多いの血流が体の右側へに流れいきます、さらに下腔動脈から心臓に戻る血液を少なくなるため心臓を休むことができます。

もし心臓衰弱の患者さんの場合では上半身を起きる姿勢を取って呼吸をらくにさせることができます。

左の側臥やうつ伏せに寝る姿勢は禁止です!

annoy脳梗塞の患者は仰向きに寝るほうに薦めます。

側臥位置を取ると脳梗塞患者様が動脈硬化の土台のうえで血流循環の障害になりやすくなります。特に頚部動脈の血流の速度が遅くになりましたので脳梗塞になりやすく環境になります。

 


睡眠方法ー高血圧を防ぐため猫ちゃんの寝る姿勢を取りましょう!

睡眠方法

bell高血圧の患者は仰向けに寝るか右の側臥に寝るかの睡眠方法を取ったほうがいいです。

bell何よりも適応する高さのまくらを選ぶことです。

一般に15センチ位の高さのまくらが言いとしています。

なぜなら高血圧の患者は動脈硬化に伴うことが多いため、

まくらがこれより低くなると血管の調節能力が弱いので脳血管の負荷に増やすため、脳水腫や脳出血になりやすい環境になります。

これより高いまくらだと、脳の血流が不足するため脳の酸素不足や血液が足らないので高血圧の病状を重くなり易いことになります。

 

Xinsrc_152010616084562520791
一般的に人の血圧は深夜になると最低の水準になるはずですが

しかし何か睡眠中の酸素不足があれば血圧が突然に上がり、心拍数が早くなることになります。

今までの研究では睡眠中の酸素不足や無呼吸症候群による高血圧になるのは高血圧総合人数の30%〜50%に占められるということです。

睡眠中のなにか問題が発生すると血圧が下る言うまでもない、深夜脳出血の危機はなおさら出やすくなります。

    専門家の提案によると中老年の方、特に高血圧の患者の睡眠方法は猫ちゃんの寝る姿勢(健康で標準の寝る姿勢)を取るべきです。

猫ちゃんの寝る姿勢は睡眠の質を高くさせる一方、夜間中の心、脳血管意外の発生および突然死の発生を防ぎことができると言われています。

老化し始める十大の信号

 

  • exclamationexclamationexclamation
  • 30〜50歳の人は、お腹がでっぷりして[太鼓腹]をもつ、この人は高血脂、脂肪性肝臓、高血圧、冠状動脈性硬化症を伴う可能性がある。
  • 髪が抜けて、斑禿、はげています。いつも髪を洗う時に髪の毛は沢山が落ちる、これは仕事、家庭上などのストレスから、精神が過剰に緊張して致す可能です。
  • よくトイレに行きます。もし30歳~40歳年齢のあなたは、排泄の回数を増え、これは消化系と泌尿系が衰退をし始めることと考えられる。
  • 性的能力が落ちっています。中年の人は常に腰が重い、足の痛みなどの症状が現す、男子はインポテンツ、女子は性欲が減退、あるいは月経があまり早く止まることがあればすでに身体が衰退し始めた大事な信号です。
  • 記憶力は減退します。知人の名前までもよく忘れ、思い出せないことがあった。
  • 暗算する能力はますます落ちってしまう。
  • 自分自身でやったことをいつも後悔して、怒りぼち、いらだたしい、悲観、自分の情緒をコントロールすることができません。
  • 物事を集中することが出来なくなる、根性がますますなくなります。 
  • 眠る時間はますます短くなって、目が覚めても疲れをいやさないことと感じます。
  • 頭痛、耳鳴り、目がくらむの症状が出たけど検査でも原因が見つからない。

 

 上述の兆候は信号として2項や2項以下を持つ者ならば、老化し始めた[黄色信号]で、ただ警告されたものです、まだ心配しなくでもいい。

 3〜5項を持つ者ならばはじめの[赤色信号]として老化が進めている兆候を予報されたものです

 6項以上者ならば最後の「赤色信号]で老化の危険状態になってしまったことを指摘してくれる。

腰痛診断・治療の焦点を筋肉にMRIなしでも早期職場復帰可能

Medical Tribune[1998年7月2日 (VOL.31 NO.28) p.23]

〔ニューヨーク〕 早く効率良く患者を職場へ復帰させ,高価な磁気共鳴画像法(MRI)をほとんど使用しない腰痛の診断・治療法を想像できるだろうか。それは,診断と治療の焦点を筋肉自体に置く腰痛へのアプローチである。レノックスヒル病院内科・精神科疼痛治療部門および同病院ニューヨーク疼痛治療プログラムのNorman J. Marcus部長は,数十年にわたってそのような方法を実行し,普及を推進してきた。先ごろ米国疼痛医学会はその業績をたたえ,同部長を同学会の会長に任じた。

軽視されてきた筋肉

Marcus部長は「筋肉は疼痛の直接の発生源ではなく他の部位に存在する病理を反映するにすぎない,と考えられることが多い。筋肉を使う運動療法も,大部分が筋肉自体ではなく骨格や脊髄および神経根にインパクトを与えることを目的としている。しかし,これまでに良い転帰をもたらしてきたのは,体幹の特定の筋肉の障害や緊張に直接働きかける治療法だ。患者の大部分では,腰痛のおもな原因は筋肉の障害や緊張である」と述べた。
 同部長は「疼痛の医学的管理において筋肉系の重要性が軽視されているのは,医師が大学で学ぶ内容に関係があるようだ。基礎解剖学が終わると,疼痛の診断および治療に関する教育に筋肉はほとんど出てこない。つまり,われわれは診断アルゴリズムにおいて全身の70%を無視しているのだ」と述べた。
 同部長は「この無視には深い意味がある。これが身体の内部(骨格,神経など)の像を明確に映し出せるようになったのと同時に出てきたからである。われわれは,内部にあるものを見ることによって症状の源が分かると信じてしまった。この顕著な例が腰部MRI検査の施行または乱用で,大規模大学病院の神経放射線科では腰部MRIの10例中 9 例を異常と判定しているところもある。脊椎のMRI像が理想的な形をしている患者はほとんどいない。全く無症状の患者にMRIで椎間板ヘルニアなどの重篤な異常が見つかることも,多くの試験で示されている。これに加えて,筋肉に関する診断が行われないため,腰痛の原因として骨格や中枢神経軸を指摘する情報ばかりとなり,その結果,真の原因である筋肉痛が見過ごされて多くの的外れの治療が行われている」と説明した。
筋肉に4つの原因

ニューヨーク疼痛治療プログラムで提唱されている腰痛へのアプローチには,疼痛の主要原因としての筋肉の診断と治療が含まれている。患者の評価は,基本的な躯幹筋の強さと柔軟性を検査するクラウス・ウェーバー試験と,おもな筋群の触診によって行う。
 Marcus部長は「われわれのプロトコールでは筋肉痛に 4 つの原因があるとしている。第 1 は緊張,第 2 は筋力低下と硬直という障害であり,第 3 は痙縮,すなわち運動制限や疼痛を引き起こす不随意収縮,第 4 はトリガーポイント,すなわち遠隔部位に放散する疼痛が頻繁に起こる患者に必ず見つかる筋肉内の圧痛点である。この疼痛はしばしば神経根痛と誤診され,その結果,不必要な外科手術,神経ブロックやMRIの施行を招いている。最も重要なのは,これら 4 型がすべて合併している症例があるのを認識することであり,筋膜疼痛イコールトリガーポイントと考えるのは間違いである」と述べた。各診断に対して非常に特異性の高い治療プロトコールがついている。
 同部長らによる医師向けの腰痛セミナーは英国と米国で実施されている。同部長の患者であった英国の医師がこの腰痛診断・治療法を持ち帰り,プリンセスマーガレット病院の院長に紹介したことから,同病院に腰痛診断・治療センターが開設されたほか,他の病院40施設でも同様のセンターの開設が計画されている。
用語の統一が必要

Marcus部長は,外科手術や神経ブロックが適応の症例にはそれらを施行すべきだとしている。同部長は「どの患者がどの治療法によって恩恵を受けるかを判定するうえでの問題点は,疼痛の診断・治療用語が統一されていないことである。適切な治療法の選択には共通の言語が必要である」と述べた。同部長は,米国疼痛医学会の転帰評価法統一委員会(UOMC)の委員長である。同委員会は 6 年をかけて標準的転帰評価法を開発,この評価法は現在50以上の医療センターで100名以上の医師によって使用されており,3,500例以上の患者のデータが収集されている。
 同部長は「もし,異なった教育を受けた医師が,同種の症状に対して異なった評価基準を用い,異なった診断を行うならば,転帰を正確に評価することはできない。統一的な身体検査法と患者の機能に関するデータの標準的報告法がなければ,治療法の成否を正しく評価することは不可能である。診断と治療の焦点を筋肉に置いた結果,患者の多くは転帰が大きく改善した。なかには30年続いていた疼痛から解放された患者もいる」と述べた。

私を生れた中国の美しい大都市ー沈陽

沈陽ー私の美しい故郷

 

▲このページのトップに戻る