javascript

中国頚椎症の治療名医へ訪ねる旅

$IM([$L(JAC%YD9DQQQLIME.jpg

中国ではよく知られている頚椎症の名医(特種中国鍼法名医)の金先生を訪ねる記念写真

  優れた頚椎症治療法(鍼)を身につけるため、中国頚椎症治療名医をよく訪ねて行きます。

 中国の疼痛医学(痛み関連疾病の治療医学)はずいぶんに進んでいます。

 今までは、鍼灸の仕事は日本と違って医者じゃないとできなかった職業でしたが近年来、田舎でも民間鍼医者が試験を通して痛みを専門的に治療する民間医者がたくさん出るようになりました。

 中国のネットでは愛愛医」という医療者が勉強する場所があります。頚椎症の治療をしている医者や民間医たちは、ここで集まり、自分の治療経験や失敗などの病例を隠れずにオープンするように話し合っています。そこで自分のものを貢献した同時に他人の経験を自分のものになり、治療の技術や専門知識を身につけるようにして勉強しています。

 「愛愛医」でいい勉強になりました。

 同時に痛みを治療する中国医者たちは仕事の熱心や高い治療レベルに感動した!

 正直の話しでは経済が進んでいる先進国である日本では頚椎症に関する「非手術」の治療や方法は今のところではまだたち遅れている現状だと思っています。

 痛みの疾患はまるで「死にならない癌」のように人々に苦しいことをさせているます。

 苦しくてどうしょうがない患者さんたちは病院にかけていくのは普通です。

 そうすると医療者たちは患者の痛みに対する注射や痛み止めるなどを処理する方法だけて片づけられることはほぼの今の現状です。

 このような治療とする方法をたとえと言いますと、まるで腐り始めたものを、とりあえずゴミ箱にいれ、そしてその上にふたをかける手段で、臭さを一時的に包み隠させるのように取り扱って方法と言えるでしょう

 高い水準の頚椎症の施術技術を日本を持ってくるため、

 名古屋大学で医学生をしている、一人子の娘を将来に人の痛みを治療できる,少なくでも解っている医者になれるため、たびたび二人は中国頚椎治療名医へ訪ねる旅をたちしました。

 

@中国大連へ中国特種鍼法学会に出席(写真) 

A娘と香港へ特種鍼の見学旅行(写真)

B中国へ特種鍼名人ー陳貴濱先生を訪ねる(写真)

 

特種中国鍼法の名医ー陳貴濱先生を訪ねる(写真)

中国では上海の近くて古渓」という小さい美しい郷鎮があります。

ここでは中国特種鍼で最高レベルの疼痛治療の名人ー陳先生がいます。陳先生がひとりで毎日、全国から集まってくるひどい疼痛で悩む100人以上の患者さんの治療を受けているそうです。

特種の治療の理念、特種の鍼、特種鍼法。
一人の患者の治療時間がただ平均5分! 

治療効果?

毎日、全国各地から何日にもかけて、ただこの5分の治療を受けるため、この「古渓」にやってきた患者が少なくありません。

カルテを見たらやはり頸椎症、頚椎椎間板ヘルニヤ、腰ヘルニヤ、股関節症など重症の疼痛患者が多い。

患者の願い、患者の話、新聞の記載を見て聞いて、先生の中国特種鍼による疼痛治療の効果が明らかにわかります。

一人患者さんごと短い時間ずつの治療ですが痛みの原因になるもと(癒着の場所)を3〜6箇所で鍼をして取り除く治療。

陳先生のこの鍼の優れた治療効果は中国全国疼痛医療者によく認められている。

この治療法を身に着けることはまず何より詳しい人体解剖の知識が必要、しかも漢方医学の経験を持つ先生ではないと。。。

私は中国医科大学の卒業した西洋医者出身で、または中国の医科大学で解剖を教えた経験を持つ、卒業してからずっと針灸の仕事をしている私は悪いけど先生の長い年の経験をすばやく自分の物になってしまいました。

残念ながら陳先生の鍼は特別太くて日本ではこの鍼で痛みの治療に利用しようと思わないですが治療の理念や治療法は必ず痛み治療中に応用できると思います。

十分にこの眼で勉強させていただきました。

@                          A
古溪医院前.png古溪??患者多.png

@朝、中国古渓病院前      

Aまた朝の八時前ですがすでに全国から来る患者があふれるほど並んでいる。

B                            C

古溪的?上.png治?中的?老?.png

B待合室の壁で治った患者さん達から送った感謝の紅旗がズラッと掛けている

C五十肩を治療している陳先生

D                                             E

?椎治?.png意?交?.png

D先生は頚椎症患者さんを治療している場面

E陳先生と一緒に治療の意見を交換

F                           G

市?.png惜?.png

F古渓朝の市場いろいろ菜種を売っている農民

G最後の日に陳先生と名残惜しいの記念写真

H                          I

病例??.png寺院.png

H医者たちと病例を検討中

I古渓のお寺

中国名医に訪ねる旅行ページに戻る

治?室.png陳先生の治療室で記念写真


娘と香港へ特種中国鍼法の見学旅行(写真)

娘と香港への見学旅行 (娘は医者の卵、名古屋大学医学部の在校中
一人子の娘は卒業までまもなくです。

内科、外科?何科に選ぶのにいろいろの病院に見学しまわしている。

日本には痛みに係わる疾病の患者が意外に多い、それなのに今の医療では手術以外には何の方法がないことは今の現状です。

とくに頭痛めまい、耳鳴り、下がらない高血圧、動悸、取れない疲れ。。。。などの症状は頚椎、脊椎の関連には医療者たちによく認識されないため、過労している日本人は疲れる体のうえに痛みやいろいろの原因不明の苦しい症状を我慢しなげればならないことになっている。

頚椎、脊椎疾病からの病状は適当な治療に当たらない、つらい痛みを取れない。。。

ぜひ将来の娘は痛み関連する疾病を治療できる医者になってもらいたい

少なくでも万病のもとになる頚椎や脊椎に関する知識を勉強して認識してもらってほしい。
この願いをもって、ことしの夏休みを利用して娘を連れ中国名医へ訪ねるため香港に行きました。

中国の疼痛治療の名人、よく知られている特種鍼ー刃鍼の創始者ー田紀鈞先生
と套管針の創始者ー金浩先生の治療現場を見学させていただきました。

しかも治療も受けて見ました。

@よく知られている中国名医の金   A田先生の治療現場を見学

先生と田先生とホテルで食事

金老.png

 

B田先生と金先生と記念写真   C娘と香港の疼痛医療者大会に出席

金老2.png

D金先生の優れた管鍼の治療      E娘はデパートで中国服の試着

金老3.png

F店は何か薦めるものがありますか G娘は疼痛治療に感心があるよう

金老4.png

H香港の医者達と治療室で集合写真です

金老5.png

 中国名医に訪ねる旅行ページに戻る

中国大連特種中国鍼法の学会に出席

  

P5080071 P5090081
  

P1010752  P1010754


 P1010753 
(2010年)五月連休中、中国の大連へ一年一回の中国特種鍼法大会を出席しました。

中国の先生たちの優秀の人材、優れた技術に感心しました。

たくさんの中国の疼痛医者たちに知り合ってお互いに経験と技術を交流して、同好になってとてもいい勉強になりました。

ちなみにこの大会で自分の治療経験の発表や実技を行って、認められて、「中華人民共和国の名医」の名誉をいただきました。

中国名医へ訪ねる研修旅行ページに戻る 

中国へ頸椎ヘルニヤ治療の名医ー朱藤月先生を訪問

2010年の11月20日に間もなく名古屋大学医学部を卒業する娘を連れ、中国北京に行きました
今回に中国に行く目的は将来に娘を勉強をさせるため、疼痛の治療名医ー朱藤月先生に会うことと先生の高い技術を理解と勉強するため自分自身を治療させていただきました
疼痛治療方面では朱先生は研究に研究を重ねて、三維松解鍼の発明者として優れた治療成績を取りました。ホテルで朱先生といろいろな治療の話や治療の理念など専門会話を燃え、いい勉強になりました。
その後、先生の三維松解鍼の治療を受けて、一回だけの治療ですがその効果を感心しました。
QQ截?未命名.png
QQ截?未命名.png
▲このページのトップに戻る