javascript

頚椎症から引き起こす特殊な症状(一)

 長い間、頸椎症を研究することによって、首の病気で体中に影響があるので病状は非常に多く関連していると認識していました。。

 

 

 頸椎症はただ首・痛みや肩こり首こりような局部の症状だけではなく、他の内臓の病気の病状として体に現れすことがおおいので体にかなり悪い影響を発見されました。

 

 このような頚椎症の原因からくる特殊な症状を「頚原性XX病」と称されます。

例えば頚原性高血圧、頚原性目まい、頚原性狭心症、頚原性視力障害、頚原性頭痛などなどの種類です

 

しかしながら臨床ではこのような頚椎から引き起こす特殊な病状を禍になる頚椎、首のせいだと考慮ししてもらえない、他の原因に押し付けることがあまり多かったです。


そのために下記の症状に対して詳しい検査する上に

頸椎症から引き起こす症状かどうかを考慮するべき、そのため初期タイムリーな診断と頚椎治療によって病状を治るためにとても役立つと思います。


頚椎症からの症状は

その共通の特徴は頸椎症の自身の症状(首痛み肩こり首こりなど)がありながらほかにはにはその他の病状などを伴っています

(高血圧、不整脈、咽頭炎喉頭炎、耳鳴り、胃腸の症状。。。)

この場合では頚椎のX線が退行性変化がある場合とない場合もあります

(筋型頚椎症)。

 頚椎症からの原因だったらもうひとつの特徴として症状の重さは頚椎症の軽さや重さと関係があるが、自身の臓器がとくに異常がないと判断されます。

 例えば:頚原性狭心症の患者は病院では心臓のそのものを調べたが心電図は、超音波が異常が見つけなかったといわれることが多い。

 

頚椎症から引き起こす特殊な症状(二)

 

  • 降圧薬を飲んでも下がらない高血圧 
  • 頭内の病理的変化を見つけなかったが慢性頭痛 
  • 原因不明の自律神経失調症、失眠症、うつ病
  • 眼科に調べでも分からない目の病気、視力が落ちる
  • その他の原因で釈明しにくい嚥下困難 、喉の違和感、喉が痛い
  • 治愈しにくい頑固なしゃっくりをする
  • その他の原因がない耳鳴り、難聴
  • 原因不明な頭痛めまい
  • なかなか治らない頑固な肩こり首こり、首 痛み
  • 原因で釈明が出来ない低血圧
  • 原因不明な歯痛
  • 原因不明な不正脈、胸が苦しい 
  • 繰り返し現れるメニエール症候群
  • いつも胃腸がおかしい満腹感、腸の潰瘍など

貴方の自律神経失調症の禍は首から起きたかも

貴方の自律神経失調症の禍は首から起きたかも


自律し.jpg首や頸椎症で体中に次第にいろいろな不調のドラフルを起き始め、よくある症状では前に述べたように頭痛 めまい、目、のど,鼻、胸苦しい、胃がおかしい、腰が痛い膝が痛い。。。

このときになると患者は勿論、まさかこの一連の症状を引き起こす禍は自分の首だと誰でも思わないのは普通です。

体中にいろいろな辛い症状があるから病院を頻繁に通うようにになります。

医者も自分の専門しか関心をもっていないよう、首から起きた可能性があるかどうかはほぼ考えてもらえないのが現状です。

それで確かの体の問題を見つけないうちにほぼ自律神経失調症と言う病名で片づけられました。

この間、治療院でこのような話を患者さんにしゃべっている時、その場にいる首問題に係わった患者の何人がいましたが「そう、そう、そうです、わたしもこの病名をもらった」と一斉の声を聞こえた。

頚椎(首の骨)の周辺には多くの自律神経が分布していています、頚椎症や首こりになると首周辺の交感神経を刺激され、自律神経ような症状が出る人が多い。

そうだと言っても
何方でも病気や体調不良の時は、とりあえず「自律神経失調症」という言い方で片付けて、安心で自律神経失調症の治療だけでは治るわけではない。


この自律神経失調の症状は首の繋がりがわからなかったら病気の禍が依然として存在したままわけです。

例えといいますと

むかっ(怒り)乱れている糸を目の前にしったら、ただ「この糸が乱れた」というような警告されてもしょうがないですが

乱れた糸の端さえを見つければ糸筋を正しく整理することができるようになるでしょう。

医療者はもし自律神経失調症になる原因をはっきりして貰えば、迷っている患者に助けられるでしょう。

たとえ首から起きた自律神経失調症とした場合では

自律神経失調を治療するそのものの薬よりも、禍になる患者さんの首を治すことは根本の治療だと思います。

鍼灸治療では頚椎を治療しているうちに長い間に困っている自律神経失調症のいろの症状は見る見るうちに消してしまうことがよくありました。

実は私の鍼灸治療で毎日にこのような感動が見えています。

ここまでしゃべると
もしあなたも肩こり首痛みの症状がありながら、病院で自律神経失調症の病名を貰った場合では

まず自分で冷静に考えていただきましょう。

頸椎症は咽喉頭異常感をする人が多い

04pt_intouki3037 咽喉痛、(のどガ痛い)、「のどに何かひっかかる感じがするのどの違和感」、「のどに何かできている感じがする」、「のどがイガイガ、ザラザラする」といった感じを咽喉頭異常感といいます。

 咽喉頭異常感の原因は、のどの炎症(咽喉頭炎)、食道や下咽頭の悪性腫瘍、甲状腺の病気および脳や脳神経の病気などから起こる可能性があります、十分な検査が必要です。

 検査を十分にしてもはっきりした原因となる病気が見つからない場合に、“咽喉頭異常感症”という病名がつけられます。

bell90%以上の頸椎症患者は咽頭異常感がする。

治療院では頚椎症の患者は自分がこの頚椎と咽喉頭の繋がりが当然にわからないのですがよく風邪を引いたとかのどが弱いとか思い込んで、よく訪ねてきます。

この時に治療では治療者の経験不足で風邪や咽喉頭炎ばかりを狙うなら治療不完全で再発しやすいなかなか改善が遅いに違いない。

annoy臨床研究で咽頭炎喉頭部炎症は頚椎症になる要素の一つだと実証された。

よく風邪などに引く人
特に職業の関係で、たとえ俳優、中小学校の教師、化学用品に接触美容師、あるいは大気汚染している環境で長期間で働くのは、声帯、咽頭、喉頭が長い間で疲労していた状態で頸椎症に多発する職業です

他には、あまり酒を好む人

咽喉頭炎から頚椎症になりやすいの代わりに頚椎症患者に対する問診ではほぼ咽喉頭異常感がする。

頸部には脳への血管、神経以外に咽頭喉頭、食道、気管の等が通ります。
頚椎と咽喉頭の間にリンパ循環で繋がっている。何か咽喉頭は細菌やウイルス感染される時、頚椎の関節や筋肉などの組織にも巻き込まれて痙攣、短縮、変性、筋の張力低下して、頚椎局部の安定性を敗れたので平衡失調で頚椎症を発生するようになったという理屈です。

あなたの頚椎・脊椎は健康ですか?

50341740dbf438e36a私たちの頚椎・脊椎は健康に重大な関係があります。知らないうちにたくさん病変の症状をまかれる可能性があります。

以下の簡単な検査を通って、自分を対照して見て貴方の頚椎・脊椎は健康かどうかを判断しましょう。

oneもしあなたのかかとはいつも高低の差があり、そのためかかとがよく磨かれれる部分があれば
(脊柱の長軸に沿って圧力が均衡しない原因です)
twoあなたは十分に心地よい深く長さの呼吸をする動作が完成できない。
(呼吸は健康な背骨の活気と緊密に関係があります)
threeあなたの首を動かすと「シャリシャリ」というか「ジャリジャリ」鳴ります。
(多く場合では頸部からあるいは部関節亜脱臼引き起こす)
fourあなたの頸部、背部、あるいは他の関節は破裂した音がする。
(頚椎・脊椎の小関節は硬くになった靭帯に絞められた)
fiveあなたの頭と部は両側に向かうと、身軽に振って回転しにくい、あるいは同様の角度を回転することができない、運動範囲が減った。
sixあなたは常に疲労していると感じる。
(平衡がとれない脊柱はあなたのエネルギーを使い果たした)
sevenあなたの精神集中能力がとても低い。
(頚椎の調子が悪くてなると大脳の健康に影響する)
eightあなたは疾病に対する抵抗力は比較的に弱い。
(脊椎はあなたの神経、内分泌系に影響している、神経内分泌系は疾病に戦うことに重要な役を演じる)
nineあなたが歩く時、足のつま先は外に展開する。
あなたの足を注意して観察してみましょう
足は外に開いたら、もしかしたらあなたの下部の脊椎や寛骨の問題があり、、あるいは頭蓋骨の基底部の圧力が均衡しない信号です)

うつ病・首・うつ病の症状・うつを改善する方法など

 

うつ病写真.jpg日本ではうつ症の患者さんは非常に多いと思います。 

首に問題が出ると中枢神経や植物神経に影響するようになるのでそれで一連の精神症状を引き起こすことになってしまいます。 

うつ病もそれらのなかによく出る症状の一つです。

うつ病患者さんの中では薬よりもっといい治療法、もっと根本的の治療方を望み、あるかないかとそれを探しているひとがいると思います。

なぜならこのまま治療をしていくと生涯でうつ薬ばかりを頼んでいかないとどうしょうもないのは気がついた。

 実はほとんどの憂鬱の患者は首・頚椎の問題があります。

 今までなんだかの原因で首筋肉の損傷や頸椎骨のずれなどを起こさせ、頭に行く血管を圧迫されたので脳の機能や自律神経の失調を起こすことになりました。

そこで

*気分が落ち込み 、悲しい気持ちがする、涙が出やすくなる

*今まで楽しめていた事を楽しむことができない

*日常生活における活動量の著明な低下

*イライラが強く、落ち着かない、周囲に当り散らしてしまう

*食欲の変化(食欲不振または過食)

* 睡眠の変化(不眠または睡眠)

* 疲労が強い

*自信がなくなり、自分を責めるようになる、罪の意識を感じる

*思考力、集中力の低下

*身体症状(頭痛、腹痛、便秘、下痢など)

*性欲の変化

*自殺願望が生じる·    

ひらめきここで伝統のうつ病の治療方を反対するわけではないが根元から徹底的に治療方法を追求すべきだと思います。頸椎の治療をしないと根本な問題を解決しなかったのでたくさんの薬を飲んでもただ症状を緩和する程度の恐れがあります。

 そう言ってもうつ病は単純の原因で引き起こす病気ではないので心理状態や生活環境や生まれた性格などに関係をするので頸椎の問題を解決しながら全体的に改善した方法を考えたほうがいいと思います。 

▲このページのトップに戻る