javascript

赤ちゃんのときから頚椎不良を防止

Images首のドラブルは年寄りの特許ではない、若い人だけじゃない、子ども時から頚椎不良になり始めた患者があまり多い。

3日前はずっと治療に通っているあるおばあさんは10何歳ぐらいの孫を連れてきて「孫が弱くて花粉症などの症状を治療してほしい」と頼ましたが

問診を経て、首から来る問題と判断、首の治療後、今日に二回目の再診に来てはじめの日の治療では「当日に鼻などの症状はなくなりました」と喜んで教えてもらいました。

確かに子供病が治療しやすいが

問題は親はもちろん、治療家までも子供が首からの症状がいろいろに出たら、これはまさか首につながるかと誰では思わないのはの普通ですので、なかなか適当な治療を受けられないことは現在の医療現実です。
子供は頚椎や首の問題についてこれから詳しい言いたいですが

→続きを読む

子供の肩こり頭痛.めまい問題

xinsrc_11203040116533753111122.jpg

U203P4T290D29F8781DT20090910153544.jpg





東京から頭痛・めまい・肩こりを訴る16のかわいい女の子が治療に訪ねてきました。

病歴を聞き、やはり首からの問題に判断、鍼灸治療中に年に合わない程度、短縮の筋肉の塊や癒着の徴候を見つけ、病歴がすてに長かったと思いました。

 子供の首問題にすでに大きな社会問題です。

社会に親に子供の首問題に気をつけようと声かけたいと思って、患者の母親に頼む、子供の時からの首の病歴をメールで聞かせていただきました。

→続きを読む

子供でも首・頚椎の問題になる!

親に警告:子供でも頚椎の問題にもなる!

2007051715450955f79 もし貴方の大事の子供は何か変な症状や行動があれば頚椎の問題に絡まれたかどうかを考えてもらてほしい。

 首・頚椎問題というと年寄りや大人になってからの病気だというイメージでしたが、子供でも頚椎問題になるのはあまり聞いたことがなかったといって、疑問を持っている人がいるかもしれません。

 実は大人の患者の頚椎問題は、軟性組織や椎間板の変性や骨の増生から発生することが多いですが

子供の場合では良く発生する原因として
exclamationひどく転んた、怪我の傷害
exclamation持続の不良姿態(たとえうつ伏せに寝る習慣、長く時間のゲームの遊びのように)、
exclamation身体が弱いのでいつも風邪が引いて、よく咽頭喉頭炎症になる。
exclamation学校のカバンの重量が重すぎる、学校の運動会に首に負担にかける体操。

exclamation難産で首をひねられたことがあったなどなど。。。。。

以上の何かの原因で頚椎関節の脱位を引き起こすため体の辛さや体調不調を訴えるまでは表現できない子供は

むかっ(怒り)イライラしてぐずったり、

むかっ(怒り)じっとしていられなくなったり集中力欠如、落ち着きがなく
むかっ(怒り)めまい、頭痛、、
むかっ(怒り)仮近視、
むかっ(怒り)睡眠が不安定、
むかっ(怒り)授業中居眠り、頻繁にしゃっくり、

むかっ(怒り)食欲は不振などのその他症状。。

むかっ(怒り)首こり肩こり
B4aec782bd42a2a9新生児さえはお産の損傷で、痙攣性の斜頚や知力低下に発生することはしばしば見えるでしょう。

わが子が以上の症状があれば首の問題にあるかもしれません、親としてこのような症状を持っている子はただ生まれたままの個性や子供の個性等ばかり思うと将来子供の成長には禍を埋させられますのでとりあえず専門の病院に連れて行って検査したほうがいい。

子供の時の病気は完全に治りやすいので早速に明確させて、適応な治療に受けることを硬く勧めます。

子供が勉強のときに注意すべき姿勢

837182.jpg
ただしい手(チョキ)座り姿勢 背中と殿部を垂直するようにに椅子に座る。

手は筆先より一センチ(手と筆先の距離は1cmぐらいを置いたほうがいい)
胸はつくえより一拳  (むねは机と距離を置いてひとつの握り拳くらいを離れたほうがいい) 
眼は本より一尺    (目と本を離れて10cmぐらいを置いたほうがいい)
▲このページのトップに戻る