javascript

スマホ首は首の痛みや肩こり原因にもなります

次の図を見てわかりますが

スマホなどを見下ろしている姿勢(屈曲)(スマホ首)は首の筋肉や頚椎骨に大きな負担を与えます。

この姿勢を持続していくと頭痛めまい・首の痛み・肩こりや顔面神経麻痺。。。いろな症状を引き起こす原因にもなります。



手机的姿?2.jpg



手机的姿?1.jpg



手机的姿?3.jpg

頚椎症になり易い不良姿勢

?椎不正姿?2.jpg
@疲れて運転する              Aソファーで寝る姿勢 

??椎的不正姿?.jpg

Bねこぜの姿勢で仕事をしている    C仰向けに本を読む 

なぜ頚椎の原因でいろな症状が出るのですか

なぜ頚椎の原因でいろな症状が出るのでしょうか

Fc4eee56a956c14e頚椎は七個の頸椎骨が序を呈する整然の配列している、

それは頚椎周囲の廻りに安定させる筋肉や筋膜等の軟部組織があるからです。

 

例えといいいますと電柱は地面に丈夫に直立ができることはそのつけ根を土に埋められ、周囲には鋼線がそれを固定しているからです。

しかし頚椎周囲では安定させている筋肉、靭帯で、筋膜などの軟部組織は慢性疲労等の原因で過緊張から痙攣、癒着、カルシウム化、傷痕など病辺になると、頸椎周辺の筋力は減退になったり失ったりするようになる。(既存の機能は弱めるあるいは消える)

上の例えに続きですが、

電柱周囲の縄鋼線はもし一本さえ根を切られたり、つけ根の土は緩んだりすると電柱の安定性がすぐ失って歪めになったり倒れることになったりすることは頸椎を安定する軟部組織の筋力と同様のことです。

頚椎周辺の筋肉などは弱くなると頚椎の均衡を失って、椎体に穏事象を失うことが出現して、椎体が輪転、移動、前の突出、後の膨出の病変になって頚椎骨を通っている神経、血管を圧迫していろなの症状を引き起こすことになります。

首が痛い原因ー電車、車に乗る時の居眠り

電車、車に乗る時の居眠りは首が痛い原因、頚椎症の原因にもなる

Pic_2首の痛み、頸椎症は現代人の生活の中、いたる所の不注意で発生·しやすいことになります。

この話題に話すといつも首痛み、頸椎症に関わった娘は、「高等学校に通う時、毎日片道、1時間の電車に乗るたびにくセになって必ず居眠りしました、あれからいつの間にか首が硬くなって授業中にも良く居眠りした」ということを思い出して話してくれました。

腰椎、胸椎と比べては、頚椎は何キロの頭の重さを支えながら細くて保護のものがないので損傷を引き起こしやすいことになります。

電車や車は走っているとき、周辺の居眠りをしているす人を望んたことがありますか

重量の頭に支え、無意識状態で一本の弱い草は荒れ狂う風に揺られているように可哀そう、揺られているうちに頸椎はたえず衝撃されることにに違いないことを想像できるでしょう。

人は睡眠のときには体の保護機能が低下、平衡を保つ、自己調節機能も落ちってしまう。
特に電車や車に揺れられる時や急にブレーキに掛けられる時では頚椎は反射に大きな幅の動作で身体の平衡を保つため、特にこのときの筋肉が緩んている状態ですので損傷しやすい状態になる。

または頭を片側に傾く時,頚椎の筋肉はバランスを外れ、片側はずっと緊張しているので塊になって痛みと寝違う原因になります。

ここで進言を申し上げると

みなさん、電車や車に乗るときには、ほぼごくくたびれたときだとわかりますが、たとえ居眠りとしたら頭をしっかり座席の椅に頼り、上半身を支えることによって、できるだけ平衡を取りましょう。

これよりもやはり元気を出してして、目の筋肉を緩むため風景を眺めたほうがいいでしょう。

車に乗るとき急にブレーキをかけるのに注意しましょう!

運転手そばの座席に一番不安定だから安全ベルトに付けましょう!

頸椎症.頸椎椎間板ヘルニヤの原因についての認識

                                       

8055092一般には頸椎症Barreーlieou症候群(バレー・リュー。症候群)は重要なのは、レントゲン写真、MRI所見による診断ですがすなわち頚椎の退行性病変などによって、神経を刺激して生ずる臨床症状という認識です。

これと違って中国医学では30年以上の臨床研究では頚椎症の根本的病因が頸部の「動態平衡」と「力の平衡」の失調であることと認識している.

みんなが知っているように、細い頸部は頭の重量を支え、頭と頚の正常に運動させるには、力強い筋力、靭帯のような軟部組織に保護、維持されなげればならない。

しかしこれら軟部組織は常に各種の応力の衝撃を受けている、異常ない応力が続けるうちに、次第に頸椎の損傷を引き起こす (急性と慢性が損傷を含む)。

人体自身が強い自我修復の能力が持っている。

それでこの修復過程では軟部組織は傷痕、癒着、痙攣などの病理変化を生じた。

これらの応力の変化や病理変化は椎骨の生理序列を変化させるようになった。

軽いのは頸椎の曲度の変化から前後、左右、回転等の移動に変わり、

重いのは椎体大きい移動し、病歴が時間ガたつと骨の突起頸椎椎間板ヘルニヤによって、脊髄、神経、椎骨動脈を圧迫するようになって、これによって一連の複雑な臨床症状を生じするようになった。

頭痛、めまい、耳鳴り、眼の障害から肩、上肢のしびれ。咽の違和感で、喉頭の障害、声の低下、嗄声、うつ状態、不安感、イライラや不眠、頚が回らない、寝違いを起こしやすい、頚椎棘突起の圧痛、神経根部の圧痛、その両側の筋肉の圧痛。。。

特種中国鍼は人体の病の軟部組織のすなわち癒着、傷痕、痙攣の病理変化を徹底的な緩くによって高い応力を緩くさせ、再び手法によって、移動した関節椎体はリセットして、これによって頚にの生物力学的に手っ取り早く調整、新しい動態的平衡と力平衡することを調節によって、動脈、神経が圧迫から解放させる

また 首のストレッチや運動のケアによって治療効果を維持し強固させる。

そのため特種中国鍼は根本的に筋肉などの軟部組織の病変をねっらって短縮した軟部組織を緩めることで頸椎症を根元からの治療法と認めている

人体の事故多発地帯--首・頸椎

41325243.jpg

頸椎症はただ首・肩・背中の痛の病気だけですと思い、痛みを我慢できればあまり気にしないひとが多い。実は首(頸椎)の上で頭を背負って、下で胴をつないで、わりに狭い道で神経血管分布が密集している。

首(頸椎)は中枢と身体の間に情報を伝達する神経などは必ず通る交通要道です

頭の栄養を送る血液循環もこの道を通らなければならない。

いったん何か小さいトラブルがあっでも頭や全身に影響しにはじめ、次第に心脳血管と中枢神経にも影響するようになる。

ですから頸椎症からいろな疾病をもたらす傾向があります。

首で小さなドラブルの動きが全身の症状に及ぶこと、

ゆえに人体事故多発地帯--首(頚椎)だと言えます


なぜ冬では首が痛い、腰が痛い持病は悪くなるのですか

 冬になるとだいたい首の痛みや腰の痛みの持病を持っている患者さんの調子が悪くなります。

なぜ冬では首の痛みや腰の痛みの持病は悪くなるのでしょうか

首が痛い・腰が痛い禍根は頚椎・腰椎のような骨よりもその周辺に繋がっている筋肉や靭帯などという軟部組織です。

冬になると人体の骨格に影響よりも筋肉靭帯の損害を引き起こしやすくなる。

 
 気温が低く、寒くなると筋肉靭帯等の軟部組織は身体保護機能で自然的に収縮、痙攣する事になります。
 
 たとえ正常な人でも筋肉バランス問題に出やすくなりますが、もし以前に頚椎・腰椎がなにか問題があれば筋肉の収縮や痙攣することでさらに骨を損傷しやすくなります。
 
 そこで首の痛みや腰の痛みなどのつらい症状が出て来て、持病の発作をおこしやすくなる病態になります。

なぜ頚椎ばかりトラブルが出ますか

pen


頚椎は4〜6kgの頭蓋骨(スイカ程度の重量)を支えてるうえに

脊髄を保護し、下垂している腕を上方へ吊り上げる機能を担っています。すなわち、頚椎は重い頭を支え、腕を引き上げているため、常に刺激が負担として働きます

頚椎は胸椎のように肋骨でガードされておらず、又、腰椎のように強靭な筋肉(腹筋、背筋)によって保護されていないため、非常に不安定な臓器と言わざるを得ません。

そのため、頚椎は加齢的な変化や首の不良姿勢、軽微な外傷、スポーツ傷害によって容易に頚椎ではいろなトラブルが出来て、さまざまな頚椎疾患を発生するようになります。。

 

首の痛み・頚椎症になる原因

どなような人が首の痛み肩の痛み・頚椎症になりやすいのでしょうか

2ひらめき年齢からというと
年に従って、頸椎は長い間、使い続けるうちに慢性の傷みによる椎間板が弱まったり椎骨体の周縁に刺がでたりするなどの
退化性変性を引き起こしやすいため、中老年の方は次第に首の痛みなどの症状、頸椎症になる人の率が増えます。

ひらめき職業からというと
長期間では顔を下のほうにして机に
に向う仕事をしている人、

あるいは仕事の関係で、頭、首は常に固定なある方向に回転させるひとは頸椎症になりやすい。

これらの職業は事務員、タイピスト、書き写し者、計算機オペレーター、会計、手作業女工、手術室の看護さん、顕微鏡をいつも見る研究者、交通警察と教師などのような人の例です。

ひらめき睡眠姿勢からというと
一生では4分の一あるいは3分の一の時間はベッドで過ごすといわれますが

枕が高すぎ低すぎ、あるいは頭の上だけを枕にあたる(首を枕に当たらずに浮かせる)とき、

うつ伏せ寝る習慣とか、不良の睡眠姿勢は長く続いているうちに

椎骨周辺の筋肉、靭帯、関節の平衡失調を引き起こすため、大きい張力に与えた片側のほうは疲労し続き、傷みを生じるようになりやすい。

この故に、高い枕を好むひと及びある繰り返す“寝違え”病歴がある人は頸椎症になりやすい。

これ以外にも、たとえ横になって書を見る、テレビを見るとき頭を長時間で単一の姿勢を維持するような日常生活では不良の姿勢が多い人は、頸椎症になりやすいです。


位置情報頭部では外傷したことがあった患者

位置情報子供の時、ひどく転んだときがあった

位置情報交通事故によって鞭打ち症になったことがあった

位置情報スポーツ中では頸部に負荷を超えた不適当運動どの原因

位置情報頚椎の先天奇形の場

そのほか

位置情報咽頭喉部炎症では頚椎症を誘発する原因にもなる。

▲このページのトップに戻る