javascript

頭痛めまいの原因(頚原性頭痛めまい)(1)

頭痛めまいの原因(頚原性頭痛めまい)(1)

2008101916551958730頭痛めまいを訴える患者がとても多い。
もしこの患者は別の検査では異常があまりない、しかも長い間に同時に首の痛みがあり、またはひどい肩こりがある場合では頚原性
頭痛めまいの原因からくる可能性があるかと考えます。

 70歳の患者が突然の
頭痛めまい、原因不明の血圧が上がって倒れた。病院の検査では大きな問題がない、「脳動脈血管の痙攣でしょう」と言われ、いろな治療を受け、結局、血圧が下がらない、毎日に頭痛めまい、原因しらずの症状を続けていた。苦痛の中、人の紹介で小田原の劉先生鍼灸院に訪ねて来ました。

検査したあと、上部の頚椎周辺の軟部組織の病変から頭痛めまいの原因かと考えられ、中国鍼を受け、当日で、頭痛めまいの症状はずいぶんに楽になりました。

 このような頚椎からの
頭痛めまい症状を持続、適当な治療を受けずに苦痛の人生を過ごしている患者があまり多い、こちらの特種中国鍼を治療した後、短期間で改善した例が少なくありません。

 もちろんすなおの話ですが私の中国鍼法は日本での一般の鍼法と違って中医と西洋医を統合する鍼法です。

 ここで頭痛めまい原因および病態生理を西洋医学の角度から言いたいと思います。

頚原性頭痛めまい 原因のメカニズムが非常に複雑ですが

しかしその中で肝心な点は椎骨動脈と交感神経は頚部筋肉などの病変に刺激を受けられた原因だと考えています。

頚椎の病態:
sign01
MRIなどの映像では病変を発見できるのは
one椎体の位置変化:たとえば滑脱、回転、前方亜脱臼、後方亜脱臼。
two頸椎の曲線の変化:例えば:弓のような曲線が消え、反対の後弓になり、
three骨の自体の病変:椎間板孔狭窄、骨の増殖、椎間板の膨出あるいは突出、脱出など


sign01もうひとつは映像検査では発見しにくい要素がある。
それは上部頚椎のまわりに軟部組織(筋肉や靭帯)の緊張、攣縮,短縮などによる頭痛めまいなる原因です。
治療院では頭痛めまいの患者のなかにこのような
「筋型頚椎症」からの原因は一番に多いです。

 患者はよく「病院で検査を受けたが頚椎骨に問題がないといわれた」と話をしていただきます。....わたしが「この報告されることだけでは首からくる頭痛めまいの原因を排外されたと言えません」と考えます

 首からの頭痛後頭痛になる原因の検討

めまい頭痛の原因(頚原性頭痛・めまい)(2)

?椎7.png

?椎8.png

交感神経は頚部ではとても広く分布している、(図の如く黄色のは交感神経、交感神経節です)
頸椎の椎体の前交感神経節とこれをに繋がっている交感神経幹がある。
脳に栄養する頸部を通る椎骨動脈壁にも交感神経繊維がたくさん分布している。

椎骨動脈は大脳の後部の1/3地区、小脳と内耳のが血液を供えるため、

交感神経頚椎周辺の筋肉や靭帯の過緊張による刺激を受けるの時に神経の機能が亢進します。

そうなると椎骨動脈平滑筋も痙攣させるため、頚椎動脈の分布区域の血液栄養が足らなくなり、それで

 ・内耳の症状:めまい、耳鳴症状。
・目の症状:疲れ目、眼のかすみ、視力低下 
・その他の症状:吐き気、体がだるい、集中力の低下などの症状が現わす

もちろん、すべての人は以上のすべての病状をもっているとは限らない、「頚性の頭痛 めまい」の発生する原因は複雑なので、そこで慢性化、再発しやすい特徴になる。

劉先生鍼灸院中国鍼を受けた頭痛 めまい患者の9割以上は症状を治りましたが

再発をさせないようになれば、最も重要なのは首のリハビリやストレッチなどの保養 ケアをしなければならないということです。
簡単のあらすじ言うと

1、正しくて、科学的な寝る姿勢をマスターします――出来るだけあおむけに寝る、枕の高度は適当な(本人の握りこぶしの高度)、しかも枕を頚部の後に敷きます。
2、長い時間の同じな姿勢を維持しないように、例えばコンピュータなどを頭を下げて、じっと見る姿勢を30分に上回らないでください。
3、コンピュータを使う時高い座椅子を使って、頭の後であお向ける椅子のほうがいい。
4、よく運動する


以上の首のストレッチなどのケアはだいたい多くの人に適用すると思います。

 頭痛  めまいの原因 (頚原性頭痛 めまい)(1)

環軸椎亜脱臼による頭痛とめまいなどの症状になる原因

環・軸椎は後頭部に偏移すると大後頭神経を圧迫されると後頭部の痛みを起こす。

  

側頭部の耳の後ろに偏移すると小後頭神経、大耳介神経、第三後頭神経を圧迫されると 頚部の痛みを引き起こす


  むかっ(怒り)第2頚椎の中の中枢、頸髄を圧迫されると三叉神経脊髄束を刺激され、  おでこ、ほほ、目のまわり顎の痛みを引き起こす 

むかっ(怒り)
軸椎の横突起の偏移で前後に回すと 交感神経幹上頸神経節は軸椎(第二頚椎)横突起の前方のあたりに位置しているので、その炎症刺激の影響を受けやすいです。

上頸部交感神経は刺激を受けると椎骨動脈が痙攣をさせ、内耳の前庭への血液の循環がわるくなると めまい症状を引き起こ

   
 むかっ(怒り)
頸動脈鞘及び中にそれを付着している迷走神経を刺激されると頚部神経節から出る心臓神経節に刺激され 心悸と血圧の異常を引き起こす。  

 むかっ(怒り)
第二頸髄には悪心中枢がありますので圧迫され、刺激されると 悪心の症状が出ます。

 もし副l交感神経を圧迫されると 内分泌の乱れを起こして、怪しい症状はあちこちに出るようになります。 
QQ截?20120721221154.png

環・軸椎ずれによる周辺の軟部組織を損傷(頭痛めまい原因説)

むかっ(怒り)長期にわたって環・軸椎の偏移によって 周辺の頚椎と後頭部筋群は炎症、水種、痙攣,攣縮になったり、環椎軸椎関節は椎骨動脈を圧迫するようになったりします。 

むかっ(怒り)長期にわたって頚部筋肉の過緊張の原因で機体自我調節により、筋肉などの軟部組織を繊維化、石灰化され、水種、癒着の病理変化を引き起こすようになる。 
その中に重要な筋肉は上頭斜筋、大後頭直筋を数えられる。それらの筋肉の間に頭に行く後頭神経、小後頭神経など重要な神経と血管が通りますので一旦、圧迫されると頭痛とめまいなどの一連の症状が出ます。
 
むかっ(怒り)僧帽筋、半棘筋、肩甲擧筋は病理の変化によって「筋の短縮」になると神経、血管を圧迫する症状が出ます、さらに環椎、軸椎の偏移や亜脱臼の原因にもなる。
または環椎軸椎関節嚢後頭部環椎関節嚢の炎症水腫は環椎軸椎の位置脱臼の原因にもなる。  

このような軟部組織の硬直、過緊張は頭痛とめまい、首の痛み肩のの痛みの原因になる。この場合では血管緊張性頭痛、偏頭痛を誤診しやすい。

ひらめき特殊中国鍼治療ではこのような筋の過緊張や短縮を緩和させる事が出来る、筋肉の動態平衡を回復させることによって環椎軸椎脱臼を自然に復位させることができます

?刀 ?椎1.png

▲このページのトップに戻る