javascript

自分に最適な枕の見極め方

 

姿勢さは頚椎損傷を発生させる最もな原因だと認められていますが、そうだとすると、次のことに気が付きましたか?

a.png

 第1.一日の中で頚椎にとって一番悪い姿勢は睡眠中の姿勢です!(図)

 第2.睡眠中は頚椎にとって悪い姿勢を持続する時間が一番長い。変な姿勢で寝れば、頚椎がねじ曲がる時間は毎日8時間に及びます。わかりやすくするため、左の寝ている時の姿勢を縦にして見て下さい。

 頚椎の生理湾曲は頚椎にとって最も重要な生物力学の結果です。正常な湾曲は頚椎を安定させ、弾力を保つことができる作用です。この状態では、頚椎周辺の軟部組織の緊張度が1番よい、損傷しにくい状態になっています。

 しかし、その湾曲が異常(ストレット、後湾)になると、頚椎負荷が極端に大きくなり、筋肉や靱帯が過緊張や損傷しやすい状態になってしまいます。ですから、頚椎の正常な湾曲(前湾)を保つのは頚椎の健康を保つことにとって、何より肝心なことなのです。 



世界の最高な枕を自分で作りましょう!

いつも頚椎症、首を鍼治療中では患者さんの症状はよくなってきたところ、まだ症状を再発する傾向がある患者さんがいます。原因として普段の生活の中、繰り返す首を疲労させることを抜けないのはよくありますがそのほか一番大きな禍は枕だと気が付いた。

市販している枕があふれるほど多いですが必ず自分に合う枕と言えない。

いつも枕に迷う患者さんに自分に合う枕の作り方を教えます。

高いお金を出すよりも自分で作ったものは一番自分の首に合うはず、お金を使わないうえに寝心地がいい世界の最高の枕を作られます。


私の方法ですが材料、形、厚さを気にするよりもその枕を寝てしまうと自分の首を気分が良い、心地よいさせるのは原則です。このような枕なら世界の最高な枕です。


自分の体の大きさによって違う大きさのタオルを選び


1・タオルをたたんで二つに重ねる

枕の作り方.png


2・タオルをひとつの端から巻きます。

この巻きの太さは自分の首による決めます。巻いた巻きを大体の太さになると自分で一回寝てみましょう、標準としてこの巻きはちょうど首のくぼみを埋め、首の上の後頭部がペットに付くようにさせます。(後頭部が浮いたら首に重さをかけやすくなる)。

とにかく気持ちが良ければOKとして、巻きを高いと感ずるなら小さくさせ、低いと感ずるならさらに適当の高さに巻きます。

枕の作り方2.png


 

 3・自分の好みによって柔らかい枕を好むなら緩ませ、硬さの枕を好むならしっかりと巻いでください

枕の作り方3.png

 

4・適当な巻きを巻いてから前に残ったタオルを反対に折ります。

枕の作り方4.png

 


5・最後に巻いた枕を反対にペットに伏せる。

伏せるの目的はいくらの寝返りになっでも枕の形を崩れずに保つことができます。

枕の作り方5.png


6.枕の中央で握りこぶしでくぼみを作り、そのくぼみに寝てみます。(顎とおでこと同じの水平レベルが良いとして)

この時に世界の最高な枕と思い、一番のリラックス気持ちを持ち、何も考えさせない、とりあえず一日に疲れた体に楽させ,自然に美しい夢の世界に入りましょう。

枕の作り方6.png

首・頸椎に最適なまくら

自分にはどの程度の高さの枕がちょうど良いのか分からずに、混乱されている人もいると思います。 

そこで、簡単に判断できる方法をお教えします。 

  仰向けで寝る場合は、自分のおでこと顎の高さを見比べて同じ高さであれば、枕はあなたの頚椎に適応しているといえます。おでこの方が高ければ、枕が高過ぎるので、低く調整する必要があります。その反対に、顎の方が高ければ、枕が低過ぎるということです。  

 横になる場合では、肩が潰れないのが最適な高さです。 


 

市販で売っている枕はたくさんありますが、何個も買い換えて使ってみても、朝になるとやはり首や肩が辛いというご意見がありました。それは何より自分に合う枕を選ばなければいけないのです。 


頸椎に適応する枕は私の治療効果に直接関連をしていますので

ネットでいい枕があるかどうかを探しましたが頸椎に適応する枕はあまりなかった結果でした。

なぜならいくら有名なまくらでも仰向けに寝れば問題がないですが横に寝るとほぼ低くて、肩をつぶれ、頸椎がねじられる状態で寝させる枕でした。

みんなは枕が低いならいいと思っていますがそれで頸椎をやられた人が多い。

毎日に治療しながら患者の寝る姿勢や枕をチェックしています。

間もなくわたしの研究された頸椎に適応する枕がてきあがります。


 

自分の首に合う枕の選び方

 大人の寝る時間は毎日に6〜9時間ぐらいですがすなわち毎日に1/4か1/3の時間は枕の上で過ごしている。

 人が熟睡になると無意識の状態で首と肩の筋肉が緩んでいる状態なので、頚椎は椎骨間靭帯や関節嚢の弾力によるだけで椎骨間の正常構造の安定性を維持するしかない。

長い間で自分に合わない高さの枕に寝るとどういうことになるかといいますと

頸椎のある部分で曲がり過ぎになって、この部分の靭帯や関節嚢を伸ばされて、しだいに損傷になりはじめ、したがって頸椎の安定性を失って、ずれがだんだんに形成して、頚椎症になってしまう。

市販された枕がいくらでもあるが必ず自分に合うものと言えない

自分に合う枕は二つの条件が必要です。

one科学的の高さ

impact横に寝るひとには枕の高さは自分のあごと肩甲骨隆起間の距離です。(1.5個の縦に握るこぶしの高さ)

impact上向きに寝る人には枕の高さは自分の手のひらの横長さぐらい距離です。(ひとつの握るこぶしの高さ)

大部分の人にはこの標準で合うと思います。7 Pc070524017   

two心地よい硬さと柔らかさ

まくらは適当な弾力と変形能力がいいものにする。

内容は穀物のガラのほうは蕎麦がらなら割合いいと思います

首・肩こりと枕(図で現わす正しい寝方)「1」


枕?1.png
右斜め上上の図で示すのは枕が高過ぎると、仰向けと横向きで寝るときの状態です。 この場合では頸椎の中段を損傷しやすくなります。 
枕?2.png  
右斜め上上の図で示すのは枕が低過ぎると、仰向きと横向きで寝る時の状態です。 この場合では頸椎の上位を損傷しやすくなります。
ひらめき正しい寝る姿勢と枕

枕?3.png


枕?全版.png  
適応な枕の高さは人によって違うですが正しい寝方は頭を枕の真ん中ぐらい置いて首の骨をねじ曲がらなく、もとの自然の彎曲を保つほうがいいとしています

首・肩こりと枕(図で現わす正しい寝方)「2」

 

Untitled

one枕が高すぎて肩に超えると肩と首の筋肉を疲れさせますので、よくない寝方です。

 図two仰向き寝る時、肩を上にして、頭を枕の真ん中を超えると自然に首の彎曲を保つことができなくなるので、よくない寝方です。

 図three頭の上の半分を枕に置き、首を浮かさせる寝方だと首の筋肉を損傷しやすくなります。

 図four仰向け寝るとき、枕の高さが適当にして、膝の下に枕に敷くことは首に負担をかけずにいい気持で寝られます。

 図five横に寝るときに枕をちょっと高くさせるのは肩の筋肉を圧迫させない、両足に枕を挟むことで首に楽させ,首に負担を掛けないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首・頸椎に不良枕と間違った寝方


朝起きるとあなたCb5231dec99306f9首が硬くて、眩暈、手のこわばりすることが良くありますか

これはだいたいあなたが夜の寝るときに不良姿勢が関係があるかもしれません。

首、肩、腰などの筋肉などの軟部組織の慢性損傷は頸椎症に形成する病理基礎です。

そのため、生活、仕事中では自分の不良姿勢を気をつけて、間違ったくせや不良姿勢を直れば頚椎疾患にならないように予防ができます。

 

impactまずよく首に影響があるのは寝る姿勢です

うつぶせで寝る姿勢がすきな人がいます、しかも呼吸に楽させるため、つい頭を片側に向けてうつぶせ寝ます。

だいたいこのようなひとは頸椎の1〜4番に損傷し易くなります。 


impactテレビを見るときや本を読むときの姿勢ですが

頭をソファの両側の高いところに、あるいはベッドの端側に支えられて、テレビをみとか本を読む習慣があるかたがいますがこれは脊柱や頸椎間の靭帯を伸びさせて、損傷易なり、頸椎や脊椎のずれに不安定の原因になって次第に頸椎や脊椎の疾患になる可能性があります。

首・頚椎に良い枕と正しい寝方

それでは、首・頸椎にとって、どのような枕と寝方が正しいのでしょうか?

 それはつまり頸椎の生理彎曲にくねくねと順応させる姿勢、すなわちあおむけに寝ることです。その上、頚部を浮かせない、前に彎曲する首の下の隙間を枕で支えられることが大事です。
 そのためそば殻の枕は首の形に合わせやすいだと思います、あるいはタオルを巻いて首の下に置く方法もあります。

 枕の形は側面から見れば下の図のように数字の「6」のような形です。高度は自分の握りこぶしの高さに相当すれば比較的に心地良くなります。

 今の市場ではたくさんのいわゆる「頸椎に良い保健の枕」が売っています。しかし人によって体型と首の形が違うので、実は枕の高度、型番、柔軟さ度(度合)がすべて良いと言えない。

 そうなると比較的に言うと、かえって最も普通のそば殻の枕が適応性がいいと言えます。

 もし、そば殻の枕を作る場合では
 

 枕にそば殻を穴埋めする時、あまりにいっぱいに埋めないように注意してください。さもなくばその首に合わせてくれる変形能力に影響があります。枕の空間の約70%ぐらいに蕎麦を穴埋めればいいと思います。

 

長期にわたり横になって睡眠姿勢に慣れた、癖についた人がたくさんいます。このような人はあおむけに寝り始める時には慣れないかもしれませんが慣れ続けるうちに頚椎に良い睡眠習慣になっていきます。 

 

E0816774d081223e_215ee2d82687b0ad4_449497d3b311af000_2

 

 

 

 

 

そう言っても別にすべての人はあおむけの寝方に適するということではない

 exclamation睡眠中の無呼吸症候群者

 exclamation妊婦(すでにおなかの赤ちゃんが大き場合)あおむけに寝ることに合わないことを指摘しなければなりません。

 exclamation年寄りにとって、あおむけに寝れば熟睡の時に、舌根と喉部の靱帯はとても緩んで、呼吸道を塞いだら呼吸困難を招いた場合がありますので常にあおむけの寝方に合わない。

 
 もちろん、人は睡眠の過程中で姿勢がじっと同じの寝方を取るわけではない。
 最初に寝つく時に同じく姿勢を維持されられでも、次第にほどなく変え始め、全体の睡眠過程の中では、20〜60回を寝返りすると言われています。。

 
 それにもかかわらず、あおむけに睡眠姿勢を意識して、できるだけ長い時間にあおむけに寝る姿勢を維持させ、頸椎を保護することについて依然として意義があると思います。

▲このページのトップに戻る