javascript

七の現象から痛みの元始原因を思考!

影像分型.png 

いままで、腰椎・頚椎椎間板ヘルニヤになった患者さんに対しては病院では椎間板や骨の原因と考え、これを狙って手術以外の治療方法はほとんどなかった。

 

 しかし、近年来、たくさんの学者は長い臨床経験のなか椎間板ヘルニヤを形成する本当の根本原因は骨なのか軟部組織なのかと疑問があり、たくさんの研究に経験を重ねた上にヘルニヤなどの痛みを形成する元始原因は軟部組織だと認識された。

  これを治療の理念として中国特種の鍼などの治療道具を利用して痛みを形成する根本のもと、軟部組織の病変をねらうことを治療する手段にして、頚椎・腰痛ヘルニヤの患者は手術しなくても治療できるようになりました。

 最新の治療理念、最新の優秀な技術なのでその治療結果はすでに世界に注目され、認められるようになりました。

 次は頸椎・腰椎間板ヘルニヤに対して臨床では表した七つの現象を突っ込んで痛みを形成する元始原因を思考、認識させていただきましょう。 

椎間板ヘルニヤの七つ現象を見た感想を述べる

いろいろな首の症状は頚椎椎間板ヘルニヤは根本の原因ではないかと考える医療者がいますが しかしこの考えについて下の疑問をもっています。

下に現わした現象から感想を述べる
1の現象 CTでは椎間板を脱出したが患者の応じする症状はない
2の現象 手術せず治った患者の写真では骨が以前のままでした
3の現象 手術したがその後、患者さんの症状は改善しなかった
4の現象 神経根を圧迫された症状があったが椎間板ではなかった
5の現象 椎間板ヘルニヤではないのに椎間板ヘルニヤ症状があった
6の現象 筋膜炎→頚椎椎間板ヘルニヤ→筋膜炎
7の現象 事故の前、筋肉などの損傷がなければ痛みが回復が早い

 

 

 

 

 

 

??脱出.png

 

 

 

 

 

 

 

 

一・ヘルニヤですが応じする症状がなかった

一・腰椎のCTでは腰椎ヘルニヤ

頸椎のX線で頸椎症の映像を表しましたが

しかしそれをお応じする症状を現さなかったという現象一部分の年寄りはいます。

思考:骨からの変化は必ず症状を引き起こすことではないか

二・手術せず治癒したのに写真の骨の変化が変わらなかった

二、非手術の治療を通して痛みなどの症状が確かに無くなり、あるいは治癒しましたのに、その後

治療前後のCTX線を比べてみると、治療後の写真は治療前のままでヘルニヤ、骨などの映像の変化があまり変わらなかったと言う現象、このような腰椎ヘルニヤと頸椎症の患者がいます。


思考:痛みは骨からくる痛みではないか

三・手術したが症状が改善しなかった

三、手術で脱出した椎間板、骨刺を切り取りましたが

そうなるとそれを応じする症状はなくなるべきわけですがしかし、事実ではその手術後の効果は理想ではなかった。症状を改善しなかったという現象はあります。

痛みなどの症状は骨の原因ではなかった。

四・神経根を圧迫されたが椎間板からの圧迫ではなかった

四・患者が現わした症状は神経根や硬膜嚢は脱出した椎間板に圧迫されたような症状と一致しましたがCTの結果では椎間板の脱出の病変がたしかにありましたが脱出した椎間板は神経根や硬膜嚢を圧迫しなかったという現象があります。
思考:神経根を圧迫されたが椎間板からの圧迫ではなかった。

頚椎ヘルニヤではないのにヘルニヤの様な症状が出た

五・頸椎と腰椎CTX線では

頚椎がもともとの正常の湾曲からストレットになった患者さんは、このまま進めていくと椎間板脱出や頸椎症になる可能性がありますがこの段階では椎間板脱出あるいは骨刺などの映像を表さなかったのに症状はすでに椎間板脱出、頚椎症のような症状を現れた現象をもっている患者さんがいます。


疑問:症状は椎間板からくるの問題ではなかったか

筋膜炎⇔椎間板ヘルニヤ・頚椎症

6、臨床の観察では頸、腰・背部の筋膜炎は進めていくと椎間板ヘルニヤ頚椎症になる傾向があります。その代わりほぼの椎間板ヘルニヤと頚椎症の患者さんは病気になる前では筋膜炎の病歴がある。

このことから見れば

痛みの病気は筋肉から骨の病変に進めていく傾向があります

痛みの病気は軟部組織の損傷なければ治り早い

7、怪我や交通事故などの急性な損傷による椎間板ヘルニヤを起こす場合では

(事故前に筋肉などの軟部組織を損傷することがなかった場合)早く、安定な治療効果が出ることが多い。

慢性の軟部組織損傷は痛み病気になる根本の原因です。

▲このページのトップに戻る