javascript

首肩の痛みを引き起こすメカニズム

なぜ首痛み肩痛みの症状を引き起こしたのですか

慢性の首痛み肩痛みに困っている方は日本では少なくありませんが、自分の体になぜこの痛みを起こしたかどなたでも疑問なされるでしょう。簡単で解釈すれば

 

 実はたとえ過去に転んだこと、怪我したこと、持続的に無理な働いたなどのことがありまして、その急性、慢性の損傷の原因で筋肉組織では無菌性炎症を起こり、そして筋組織中の感覚神経末梢が刺激され、痛みなどの臨床症状が現れたことです。

このときでは損傷した筋肉は


 最初では筋肉痙攣をする(筋肉の形態は変わるがその性質な変化がない)、 

 そのため、

           


 筋肉中の血管も痙攣をすることで、炎性媒質を釈放、無菌性炎症などの病理変化を起こす。

 この病理変化を進めていくと

           ↓

 

 損傷区域の筋肉・靱帯・筋膜などの軟組織は炎性粘着繊維組織の増殖を発生、

 そして増殖した繊維組織が神経と血管を圧迫することで

           

 

 血液循環の障害感覚障害を現れます。

           

 

 血液循環の障害筋肉攣縮をし(形態が短縮の上に筋肉性質を変化し硬化し始める)、

 感覚障害で痛みを起こしたことです。


腰・肩・首の痛みの原因は「筋の短縮」です

 臨床上、長期にわたり頚・肩・腰・足の痛みを訴え、頑固なひどい痛みを持っている患者はよく治療院にたずねてきます。  
 私の経験では、このような長い期間で治療しながらも痛みを存在している患者のほとんどはすでに筋の短縮が存在しています、つまりすでに関節がこわばり固くなってしまったことと認識しています。
 この場合の治療では一般的に利用している治療法では簡単に理想な効果が望まないはずです。
 実際で見ると、このような患者は長い間、鍼灸を受けたり按摩を受けたりして治療して来ましたがなかなか治らなかった。
 これはすべて重症な首痛み肩痛みの持病を持っている患者の悩みです。
 実はこのようななかなか痛みを改善しにくい原因の一つは筋の短縮」が存在するだとわたしが判断されます。 

痛みに根本の治療は「筋の短縮」からするべき

 
?照片.bmp

筋の短縮という言葉をよく理解しない方が多いと思いますが、実は「筋の短縮」の原因で引き起こされる頑固な痛みは臨床ではとてもよくあるので、特に医療の同業者では「筋の短縮」を重視すべきだと思います。 

 近代的な解剖学から見れば骨の以外の腱、筋肉、筋膜、靭帯などを軟部組織という、中医ではこの軟部組織を大まかに筋の範囲に帰属させております。

 人体構造では最も基本的な機能である伸び縮みすることによって関節を動かし、いろいろな動作を完成させる仕組みになっております。

 そのため、骨や関節の病気を治療する場合は、其の軟部組織が正常になるかが、治療効果に大いに係わりがあると考えております。 

 または筋は常に動かされなければならない、つまりに引き伸ばすことによって、弾力性維持され、老化を防ことができるのです。 もし筋は引き伸ばす機会を失ったら、「筋の短縮」が始まります。

 コ ンビューターの普及や機械化の変化に伴い、現代人の仕事は静止状態に近くあまり動かない動作が多くなり、交通がますます便利になり外出するなら車で、上下 のフロアはエレベーターに乗り、家に帰っでもテレビあるいはコンピュータの前に座り、そのため筋や骨の運動が不足することになってきている。そこでいつの間 にか、の筋は固くなって短縮し、次第に身体関節が固くなる状態を引き起こし調子が悪くなり、その結果「筋の短縮」耐えられなくなると頚・肩・腰・足の痛みを訴え始める。大変つらいから、よい噂の治療法を けても短期的によくなったり悪い状態に戻ったりして相変わらずの状態で、理想的な好転がなかなか得られない。

これはほとんど「筋の短縮」が原因で、特に体の深層にある筋の短縮は普通のマッサージと鍼法ではなかなかほぐしにくいので起きているものです。

 「筋の短縮」という言葉は、患者本人はもちろん、多くの医師たちも決して明確に理解しているわけではない。分らないばかりでなく頭の中で意識さえしなかった医師たちが結構多くいます。


痛みになる原因はカルシュムより骨より「筋の短縮」です

 西洋医() 考えでは、多く頚・肩・腰・足の痛はカルシウムが不足して引き起こしたのだろうと考えら

筋?.pngれており、よく患者にカルシウムを補う医者がいますが長年の臨床観察では このカルシウムの不足が原因と考えられている頚・肩・腰・足痛みの患者に、数年カルシウムを補っても、痛みは依然として残存する人がいます。

 

図の頚椎椎間板ヘルニヤの場合の痛み筋の短縮より矢印↑部分の神経根が圧迫されて発生したもので

す。

 または椎間板脱出の手術を受けたけどその後も痛みが相変わらず存在し続ける患者がいます。

 一方、椎間板脱の患者に「筋の短縮」を狙って鍼灸治療を経て、痛みなどの症状を治ったけど、病院のX線では治療前後の写真を比べてみると、異変な骨はそのままで変わらなかったという患者がよくいます。

 ですから、痛みになる原因というと、私がカルシウムよりも骨よりも痛みを引き起こした「筋の短縮」 主な原因だと分析しています。 

 

   

「筋の短縮」から引き起こす症状

kubi.png 痛みになる原因は私がカルシウムよりも骨よりも痛みを引き起こした「筋の短縮」 が主な原因だと分析しています。

 体 では各部の筋短縮から。異なっている疼痛を引き起こします。

 


例え頭痛めまい首・肩の痛みは頚・肩部の筋の短縮から;

 息苦しい、心悸、背中痛みは胸や背中の筋 短縮から;

 腰が重苦しい、ひざの力がない、尻、下肢の痛みや痺れは

 腰、臀部、太ももの筋短縮から引き起こすことです。

「筋の短縮」というのは?

「筋の短縮」は言葉の意味ごとく筋肉が収縮で短くなってしまったことをいうのです。
「筋の短縮」を発生した筋と正常な筋とは比べてみると、
 まず筋の短縮の「筋”」は病理から見て、(筋繊維が増殖)繊維化、癒着、傷あとを形成し、さらに萎縮が現れるので、経験を持っている医療者はその「筋の短縮」を触ると、それはだいたい緊迫(緊張) て、こわばって、痙攣、腫れて、筋のしこり等の兆候が感じします。
 それに「筋の短縮」を指で圧迫されると、圧迫痛は明らに存在します。
 機能から見たら、「筋の短縮」の発生に係わった関節の活動範囲や方向を制限されたので、腰を かがめる困難、足、ひざの動作をするのは大いに昔に及ばなくなります。
 さらに、「筋の短縮」の塊は神経を圧迫されと痛みと痺れがでます、
 血管を圧迫すると血の不足で筋の栄養 に欠け、筋の萎縮、痙攣などの一連の病症が引き起こしやすくになります。

私の痛みを治療する理念

 
ylyx_200761217442553318.jpg「筋の短縮」を理解していただけば私達の治療の矛先はどこに向かうべきか明瞭になるでしょう。
 私は臨床の治療理念は、いわゆる頸椎症、椎間板ヘルニア、骨増殖症のような患者の治療ではその椎体、骨の刺、椎間板など骨の変異を気にとめなく、それよりも彼らの の短縮」に柔らかくさせ、正常に近づかさせることに努力するなので、痛みの病状はより効果がいい改善ができるのです。その治療の成績は患者に認められました。
 実際では今の多くの医者が痛みに対して変異の骨ばかり注目し、手術で変異の骨を取ったり、牽引したり整体したりして骨ばかりを調節して対応しています、しかしなかなかよい効果は現せない。痛みの病気はよく改善できない、この現状ではこの「筋の短縮」を意識されない原因があると思います。
 一方、中国では近年来、さらに痛み治療に著しい効果を挙げた。
 刃針、撥針、勾針(古代の八針から変化したもの)を利用して、著しい治療結果をあげた治療手段としては直接に「筋の短縮」を緩和させ、それで関節を異常を筋短縮の縛りから解放させます、これらの治療手段は狙ったのは骨ばかりではなく「筋の短縮」をめぐって力を入れた治療法です。

この「筋の短縮」のことが理解してもらえば、同じ痛みと戦っている医療者の同業たちはきっと痛みの治療中では必要のない遠い道を避けられるでしょう!?



▲このページのトップに戻る