javascript

頚椎症は中風(脳血栓・脳梗塞・脳卒中)を引き起こす可能性がある

 

2011010809443952860.gifexclamation頚椎症は「脳梗塞」などの脳の病気を引き起こす可能性がある。

 これは頚椎(首の骨)の解剖、生理、病理の特徴による決られることです。

正常には頚椎骨の動きによる頭の体位の変化を起こさせる事になっています。

これは頚椎骨の間に弾性をもつ椎間板がある、これによる頚椎骨を繋がらせています。首を動くときでは椎間板の弾力で椎骨体を前後に順序良く、ずれなく動かせることです。

 しかし、年を取ってくると、首の筋肉やじん帯が老化され、頚椎間の小関節を固定する力と機能が落ち、とくに頭を上げたり下げたりするときに、頚椎の小関節が安定できなく、揺れたり、ずれたりすることになってきます、そこでこのゆがめの原因で、頚椎骨の横突孔中に通行している椎骨動脈を刺激され、けいれん、収縮、変形などの変化させ、脳の血流の供与が足らない結果になります。

 一方、椎間板の纎維が椎体の端に付着して、椎骨の転位による繊維もくり返してひばられ、刺激されたうちに骨の棘になったりしてそれも原因になって椎骨動脈を圧迫され、狭窄やけいれん、供血の影響があるようになります。

その時、臨床症ではめまい、吐き気、耳鳴、眼の症状、動悸。。。などの症状が見せた。

 頚椎症では中高年層のほうは筋肉など軟部組織の病変だけじゃなくで骨まで変化された現象が多く、それうえにもし、脳動脈硬化を伴うことがあれば、脳血流速度がさらにゆっくりすることによって、血栓ができ安く、「脳梗塞」「脳血栓」「脳卒中」を発生しやすく原因になります。

 頚椎症の患者、とくに中高年層の方は脳卒中」などの脳病気の予防に気をつけなければならない。簡単と言いますと

1首のケア枕、寝る姿勢の注意のことが大事です。それは増殖された椎体周辺の骨の刺などから椎骨動脈の圧迫を減少させ、脳卒中の予防に役立つことができます。

2針、物理法や温熱方法や漢方薬などの治療法を積極的に採用して、椎骨症の予防やおよび「脳卒中」の発生には非常に意味が深いと思います。

かわいい@首から脳梗塞になった患者が述べった「首の治療で脳梗塞の改善」

かわいいA首と脳梗塞を罹った患者が述べた治療経過

▲このページのトップに戻る