javascript

偏頭痛の自分も出来るツボ指圧

 中国に帰るある日、親戚たちは久しぶり集まって食事しているとき、妹とする彼女が偏頭痛を起こし、聞いたところ、首の痛みや頭痛などの持病を持ているそうです、特に最近のストレス原因か頻繁に発作するように。。。

 このとき、私が頚椎症の専門治療家として、なにかの方法で眼前の人を助けられる責任感を感じした。

 鍼を持って行かなかったし、たとえ一回の鍼をしてあげても日本に戻ればいつも彼女のそばにめんどうを見られないし、なにか発作するときに自分もできる治療法を教えないと意味がないと思い、自己の鍼経験を生かして鍼をツボ指圧方法を入れ替え考えあげた。

 その後、私が日本に帰り、電話で彼女の症状を尋ねたとき、彼女に普段が教えてあげた注意を心に掛け、毎日にまめにつボ指圧しているそうです、朝、昼の食事後、夜の少なくでも一日に3回、毎回の10分ほど続けているうちに現在は偏頭痛の発作する数は前よりずっと改善されたと教えてもらった。そうなら病院に行かなくでもこんなに改善できればまじめにやっていくとそのうちに長年の悩む偏頭痛を治るでしょうと希望を持ちましたと言いました。

偏頭痛の治療 特効ツボ 率谷のマッサージ

鍼灸治療中に頭痛を治療する特別効くツボがあります。(特効のツボ)名前は「率谷」というツボです。私は臨床上では偏頭痛の針治療のときによく利用していました。

「率谷」の位置は耳尖端の真上の1 . 5インチの(指二つの距離)ところです。

 

 

あんま頭痛.jpg

マッサージの方法:

同じ側の手を握って、人差し指と中指が曲がっている関節で中ぐらい均等の力を、後ろの脳の方向へ約5〜10回ぐらいすべ押える。

その後、ちょっと痛みの場所をすこしずれ変え、まだ約5 ~ 10回を繰り返すします。

偏頭痛は耳ツボで高い効果

 

2脳点.jpg未命名.jpg 

耳のツボ 脳点:耳たぶの上の隆起している辺り。 神経機能の調節を持っている。

親指と人差し指で「脳点」というツボがよくをひねて20 ~ 30回を押す、その後、痛みの場所を見つけ少しずれ場所を変え。さらに20 ~ 30回をひねながら押す、偏頭痛と伴ったストレスや憂うつで寝つきが悪、寝られないなど症状が同時に改善される。

偏頭痛治療:首の橋弓を撫でる方法

橋こう.jpg 

橋弓

耳の後ろ、突起した骨の辺りから、胸の上部(左右の鎖骨の間)まで、指先でこするように、上から下方向へ数回マッサージしてください 

ちなみにその部分の筋肉を「胸鎖乳突筋}と言うのだそうですが、中国では一般にその部分を「橋弓」と言っています。弓なりに橋を架けるよう形状だからです。

この「橋弓」は、血圧を下げることで、とてもよく知られている部位です。耳と脳の血管は、密接な関係がありますので、手をよく温めてから、マッサージしてください。

右手で左の橋弓、左の手で右の橋の弓を下がすり下ろすように5分程度でいいです。

偏頭痛自己指圧治療合谷と肩穴

有名なツボ、「合谷」は原因は顔や頭の病気に効くよく知られている。人差し指の中手骨の1 / 2のところ、、合谷という穴です。

合谷を痛い感じする力を入れてから約5秒ぐらいにとまり、繰り替えて10回ぐらいを指圧してから、敏感の場所をすこしずれ変え、また繰り返す10回をリズムよく指圧します。

合谷は万能のツボ、頭部の疾患、大腸にも効果的ツボと臨床で証明されている。汽車に乗るときや会議の前や、暇ある限りに利用できるツボです。

 

合谷.jpg

肩穴.jpg



未命名1.jpg


肩の穴 :耳の外縁の軟骨1 / 2の所はツボです 。

親指と人差し指で、すなわち肩の穴でひねながら20 ~ 30回を押す、その後、同じツボのところで痛みのところを見つけ、まだ20〜30回を繰り返します。このツボの刺激にによって効果がよく全体の肩の循環はスムーズに流れられる証明された。

偏頭痛は食べ物で改善させる

私は偏頭痛の持病を持つ親戚の彼女に頭に栄養があげ偏頭痛にも有効なの美味しい食事療法を教えてあげった


喫茶店くるみゴマ乳

レストランゴマ粉2スプー

レストラン砕いたくるみ3スプーン

レストラン大豆粉が1スープンの

レストラン枸杞の実が少々

レストランオリーブ油が少々

レストラン以上のものをまぜてさらにミルクを入れて泥状まで適当に煮て出来上がり。


以上の材料は昔から中国民間に流行っている頭の栄養をあげる食材でよく知られています。

たくさん勉強する必要があるときの試験中や年配方のボケを防止するときによく利用された。


うまくこの栄養食材をあわせさせ、偏頭痛の場合では毎日朝食にして、美味しくさせる上に脳栄養を

っぷり発揮させ、改善させるの効果はとても良いです。

 

 

▲このページのトップに戻る