javascript

頭痛めまい、睡眠、精神など頭の症状原因.治療に関する解説

環椎軸椎間隙が狭くなったことと後頭下筋群の過緊張は頭痛や眩暈の主な原因です。

 治療として

 1鍼で下項線の筋のかたまりを解す。

 下項線の深部では僧帽筋頭半棘筋、後頭下筋群などの筋肉があります。

 頭痛、めまいの症状を持っている患者さんはここの筋肉のかたまりを解すと苦痛の症状から解放した方がずいぶんがいました。

 たとえ長く携帯電話を見る場合では頭を前にする不良姿勢を続けさせると、後頭下筋群は伸長の状態で

持続すると筋肉はかたまって、短縮する傾向があります

 後頭下筋群後頭下三角を形成する筋群です。

 後頭下筋群は持続の伸長で引き起こした筋の緊張や痙攣や硬化でこの後頭下三を狭くなる。そうなると

dc2d8cca-a5b2-40cb-825d-fdb7f0d8a346.jpg

 後頭下三角を通っている椎骨動脈の圧迫されたので頭部の血流悪化による睡眠障害や精神症状、記憶力が落ちるなど頭部機能障害の症状がよく出ます。

 または大後頭神経小後頭神経圧迫された。大後頭神経小後頭神経支配された部位は後頭部や耳の後ろに広がっているため、後頭部痛、耳の後ろの痛みなどの原因となりうる。

 また大後頭神経三叉神経第一枝との関連があるため、眉の先端の痛みや目周辺の痛みにもつながりうる

 治療として

 2C1の横突起C2の棘突起に付着する後頭下筋のかたまりを鍼で解す。

 後頭下筋群が弛緩になりますので後頭下三角を通っている血管や神経を圧迫から解放させ、頭部循環を改善によって頭部の症状をよくする。


 exclamation×2後頭下三角とは @大頭直筋 B上頭斜筋 C下頭斜筋によって形成される三角である。

 

  この三角を後頭下神経、椎骨動脈、椎骨静脈、大後頭神経、小後頭神経が通っている。

頭痛めまいの原因ー後頭部下筋の過緊張?

 頭痛めまいような症状は後頭部下筋の過緊張や短縮に関連していることはすでに上の文章に述べましたが

 しかしどういう動作で筋肉を伸長され過緊張状態で損傷しやすくになりますか

 たとえ持続に頭を屈曲させ携帯電話を見ている動作といいますと後頭部下筋はどうなっているか

 ネットで興味深々の文献を拝見させていただきました。

 「肉眼解剖により頭部肢位を変化させた際の左後頭下筋群 の形態を観察した.

 頭部肢位を屈曲位にすると左後頭下筋 群は伸張した形態へ,伸展位にすると弛緩した形態へと変 化した.

 左後頭下筋群が最も弛緩した形態に変化する頭部肢位は伸展と左回旋位であった.

 頭部肢位を変化させると 後頭下筋群の形態は容易に変化した.

 後頭下筋群に対する アプローチを選択する際,目的に則した頭部肢位を選択」

 【参考文献】

 頭部肢位の違いが後頭下筋群の形態に及ぼす影響 上田奏久・福井勉・小林邦彦 

▲このページのトップに戻る